t-koma'sDayTrade2006.7-

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆来週の相場展望(G20で米国が「行き過ぎた世界不均衡」の是正、ドル安政策の発動でドル下落か!?)

<<   作成日時 : 2017/03/18 18:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

◆投資主体別売買動向
画像

先週は、日経平均が135円上昇した相場だった!今週は83円下落して、14週間連続の週足鯨幕相場は19668で頭を抑えられ健在となっている!来週こそはG20財務相会議でのドル安政策を受けて、鯨幕相場が終わるだろうか?

先週の投資主体別売買動向は、2794億の売り越しだった!外国人986億の売り越し、法人832億の売り越し、個人975億の売り越し!

日経平均週足相場は横這いだが、外国人は4週連続で700億以上の売り越しとなっている!700億という符丁で思い出すのは、704億とか742億の日銀ETF買いだ!日銀は外国人の売りを吸収して余るETF買いを実施していると言うことが、日経平均の堅調原因なのだろうか?

その他法人が日銀ETF買い主体なのか?
画像

毎週毎週、投資主体別売買動向をみているが、日銀ETF買いが、何処の主体に入るのかが判らなかった!ここ数週間は投資主体別売買動向全体は売り越しが続いているのに、日銀はETFを買い続けている、今週など2244億買っているし、毎週買い越し続けている主体があるはずだ!

その他法人、38週連続で買い越しているではないか!平均142億で先週は103億、来週2000億越したら確実だな、しかし千億単位の週が無いから、事業法人なのかもしれない?

(政府や地方公共団体、財団法人、特殊法人、従業員持株会、親睦会、労働組合などは事業法人には含めず、「その他法人」として分類します。)


◆日経平均チャートとダウ先物チャート
日経平均週足チャート
画像

日経平均の週足レンジ相場は、FOMC利上げで上抜けなかった!それは今週末のG20で米国による、「行き過ぎた世界不均衡」の是正、米国の貿易赤字を是正する、いわゆるドル安政策に、目が向けられ、ドル円が円安に振れないため、日経平均はNYダウに追随出来ないのだろうか?

NYダウ先物週足とWTI原油先物週足
画像

NYダウ先物は21000ドルがレジスタンス化し日柄調整に入っている!しかし第5波があるのか?「まだはもう!もうはまだ?」とか「あり得ないがある?」のがバブル相場なので、8月までは上があると考えておいた方がよさそう?

WTI原油先物は、ここからの下落をサウジアラビアが許容するなら、今まで上昇が無意味になるので、去年並みの下落は考えられないと思う?

WTI原油先物日足チャート
画像

RCI短期とRCI長期のゴールデンクロス、RSIストキャスティクスが大底を示唆、次の下落で、下髭が出たら、ストップロスを付けて、全力の半分買いかな?


◆ドル円20ケ月移動平均線112.663を下に抜けそうな?ドル円相場
画像

FOMC利上げ決定で出尽くし下落しているが、ここから下は年金と保険の買いで下落もなさそうなドル円相場だが、G20で米国がドル安政策を暗示させるようなことがあれば、下にトレンドを発生しそうな、右上のドル円日足!

左上、5分足ボリンジャーバンドは調整が終わって横這いとなっている!

左下、1時間足エンベロープは、日本時間は年金や保険が買うので下落しないが、米国時間では売られるドル円なのか?週明けは日本が休みなので、継続して売られるかもしれない!月曜日が営業してたら横這いとなりそうなエンベロープの向きと考えられるが?

右下、20か月移動平均は112.663円となり、先週と比較すれば、「真坂の20か月移動平均割れ!」となってもおかしくないレベルとなっている!ここで反発すると考えるより、52か月移動平均とデッドクロスするような「米国のドル安政策」が発動されるかもしれない!と考えるほうが、トランプ大統領の政策「米国第一主義」を考えれば、真坂のプラザ合意が、真坂のトランプ合意、となり得るとか?


◆来週の相場展望

週明けは日本株は休場なので、下落したドル円相場の動きから始まる!FOMC利上げで下落して、木金と横這いだったドル円だが、週末の手仕舞いか米国時間で一段安となり、113円を割り込んで112.707で終わっている!通常の月曜日ならば年金と保険が買い支えるのだろうが休日出勤するのだろうか?

FOMCの利上げ見込みで上げた分を全て帳消しにしてFOMCの週が終わったと言うことだ!FRB高官の発言でドル円が上げたが、あれはなかった事になった!

そして、ドル円20か月移動平均112.6を3月末に割り込むかどうか?すでに1月2月と割り込んで引けているのが事実だが・・・・。

日経平均先物は、大証19320、CME19310、+130円で19430円、現物終値19521となり、90円下落確定だ!しかし、月曜日は株は休場なのでドル円の動きと、月曜夜の欧米市場を見ないと、寄付き値の想像さえ難しい!

先週は、FOMC無風でダウ最高値とは行かなかったが、ダウは上げた!日銀も無風だったが、出尽くしでドル円下落し、日経平均は売られた!

西山孝四郎さんが、いつも言っているが、「予想が当っても相場で儲けられるとは限らない!」と・・・・。本当に儲からない!やはりストップロスは大事だ!

投資の王道は!噂で買い、事実で売る!

来週の相場展望は、トランプ政権初のG20で、何を噂として織り込み始めるかを見極め、相場の動きについて行くことだろうか?

既に出ている、G20ニュースとしては、

1. 租税問題めぐる国際的な協調へのコミットメント表明 - - - 国境税を許可しろ?
2. 財務相会合生命で気候変動に関する記述削除    - - - 原油生産の拡大で大気を汚せる?
3. 自由貿易維持促進の必要性はコンセンサス      - - - 黒田総裁の話なので無視か!

2月のトランプ大統領の「税制改革の提示発言」で買い!8月の「税制改革の提示」で売る!と言う中期トレンドも忘れてはならない!

今週も利食いせず微益を伸ばそうとしてストップロスだけの週となった!そろそろリハビリは卒業して勝てるトレードに戻さなければならない!やり方は見えているのだし!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
◆来週の相場展望(G20で米国が「行き過ぎた世界不均衡」の是正、ドル安政策の発動でドル下落か!?) t-koma'sDayTrade2006.7-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる