t-koma'sDayTrade2006.7-

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆来週の相場展望(米国株メルトダウンの始まりか?米予算法案成立での押し目買いは早いか?)

<<   作成日時 : 2018/02/10 11:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

◆投資主体別売買動向
画像
先週は、日経平均が357円下落した相場だった!今週は1892円下落し、外国人は1-4週の大幅売り越しと同額の大幅売り越しだった!先週も1-3週から継続して外国人だけ3週連続の大幅売り越しで、外国人の売り独り舞台となっており、今週は1-2週から先週に高値掴みの投げが出ており、外国人・法人・個人の全てが売っている感じがする!しかし、先週は下落と言っても357円くらいの押しだったので、個人の押し目買いが2733億、年金信託銀行の買いが1787億あったが、個人は今週投げ売りしているだろうか?

先週の投資主体別売買動向は、2993億の買い越しだった!外国人3525億の大幅売り越し、法人3785億の大幅買い越し、個人2733億の大幅買い越し(現物買い984億、信用買い1748億)!法人のうち1787億を信託銀行が買い越した!

先週と先々週で、個人は4550億買い越し、法人は5316億買い越し(内、年金2101億)、外国人7085億売り越しとなり、2781億の買い越しだったので、今週の投資主体別売買動向は最低でも2781億くらいは売り越されているのではないだろうか?

来週は、23000円から上で買っており、未だ投げていない投資家が、下の週足チャートを見て、フェボナッチ50%の21177円を切ったらロスカットとか考えるので売られる感じか?


◆日経平均チャートとダウ先物チャート
日経平均週足チャート
画像
先週は11月の高値23382を押し目として買い、23000を割り込んだらロスカットと考えたか?しかし、今週の寄付きから投げ売りだったのか?フェボナッチ76.4%を軽く割り込み、フェボナッチ50%の21177にタッチ!26週線21817は戻り売りだろうか?しかし、CME先物は21240を付けており既に下向きとなっている!先週に考慮したRCI長期が下向きとなり、RCI長期も短期もRSIもストキャスティクスも高値圏からの調整入りとなっている!

日経平均とNYダウの日足チャートを比較!
画像
日経平均は、9/8から1/23のフェボナッチ50%を割り込み長い下値支持線に到達している!フェボナッチ50%の21684は戻り売りのターゲットだろうか?RSIもストキャスティクスも底値圏で推移し始め、いつ反発してもおかしくない感じだが、2015年の中国ショックの時は、8/10の天井から9/29の底まで33営業日調整しているが?
NYダウ先物は、一昨日大きく下落し、昨夜は戻したが安値は付けた!来週は雲の下に出て、2/6安値23088を目指すかのようなストキャスティクスが下向きにダブルループを開始しそうだ!

WTI原油先物週足月足チャート
画像
ついに先週はWTI原油先物にも利食いが入った!週足RCI長期だけは横這いだが、月足RSIもストキャスティクスも高値圏からの調整を示唆している!週足54.36ドルのフェボナッチ50%辺りが前回高値で押し目ポイントだろうか?サウジアラムコ上場があるから大きくは下げないと考える?


◆米予算法案成立で下落が止まったか?ドル円相場!
画像
左上、20か月移動平均は110.219となり、1月から円高時代に突入している!去年も1月から長い陰線で円高時代を続けたのだが今年はどうか?このまま下落すると三角持ち合いの下限に到達するが?

右下、週足ボリンジャーバンド-2σの下におり、一目均衡表の雲を割り込んでいる!標準偏差もADXも上向きであり週足下落トレンドは継続しているように見える!

右上、標準偏差もADXも下向きでトレンドはないが、日足ボリンジャーバンド-1σは108.920となり、下向きな感じだ!

左下、1時間足エンベロープは、米国予算法案成立でか、ドルが週間で1年3か月ぶりの大幅高となったらしく、上昇したが、金曜15時よりは下にいる!


◆来週の相場展望
日経平均は、2/6日安値21078で下げ止まるのか?
画像
現状は、日経平均の現物21382円に対し、大証先物21360円CME先物21240円となっており、大証先物は夜間取引休場だったので無視するが、CME先物は安値20525を付けて、2/6安値を割り込んでいる!ドル円は金曜15時108.984から108.799まで下落している!ドル円は下でCME先物だけ見れば日経平均の寄付きは140円くらい安いか?

テクニカル的には、月曜寄付きで軽々と節目の23000を割り込んでしまい、一目均衡表の雲の下に出て、弱気相場入りだ!ここからは戻り売りがワークする相場となるのだろうか?
戻り売りのメドはフェボナッチ50%の21684円、そして金曜終値の21382円か?なぜならNYダウは+330で下げ止まったかに見えるが下値を切り下げておりショートカバーの上げなのが見え見えで、上げ下げの順番から行けば月曜日の夜は下落だろうから?

ドル円が米国予算法案成立で上昇し米国株も下落を止めるかと言えば、米国株の下落を止めたいための予算法案成立であり、米国株が下げ止まらない限りドル円の下落は止まらないと考える!?

先週は、1勝2敗2分けとなり、-45千となってしまった!
月曜日の高いところで売って翌日に買い戻してプラス発進したが、火曜日に続落を予想して売ったら担がれただけでなく高値で切られてしまい、翌日の下落を取れなかったり、大引けで利食いしなかったら翌日トントンまで戻されて切られたとか・・・・。
来週は、利食い千人力を合言葉に欲張らず、下落トレンドに乗る戻り売りトレードに徹したい!

--------------------------------------------------------------------------------------------
◆メルトアップとは、
過剰流動性によって全部の資産価格が上がってしまう現象で、株価が上昇するとは考えられない理由が十分あるにもかかわらず、大幅な株高が進む状況を指す。現在のメルトアップは中央銀行主導のバブル現象なので息が長いが、投資家はメルトアップの後にはメルトダウンが待っていることを頭に入れておくべきだろう。

◆メルトダウンとは、
「驚きが発生した時に、株式や特に債券の再評価は急激で劇的になりうる。同じ混雑した取引に捕まった全ての人は、われ先にと、出口へ向かう必要がでる。これまでと反対方向への群れる行動が発生する」とヌリエル・ルービニが指摘する局面だ。マクロ流動性と市場の非流動性との組み合わせによる行動ファイナンス理論である。
--------乗り遅れたくない投資家がこぞって市場に押し寄せるメルトアップの様相---by西山 孝四郎---------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
◆来週の相場展望(米国株メルトダウンの始まりか?米予算法案成立での押し目買いは早いか?) t-koma'sDayTrade2006.7-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる