◆明日の相場展望(黒田バズーカ第3弾に気付かない日本国民に対し黒田バズーカ第4弾が撃たれるのか!?)

明日12/20火は歴史的な日になるだろう!誰もが真坂と思っていたことが起こる日銀金融政策決定会合か?

画像

誰もが日銀は無風だと言っているが、今のトランプ相場の本質は、トランプ関係ないと思う!

ドル円の上昇は、米国債金利の上昇に対して、9/21の日銀金融政策決定会合で黒田バズーカ第3弾が炸裂したからだ!


黒田バズーカ第3弾とは、誰でも知ってる、日本国債長期金利の固定化政策だ!


これは、現状の米国債金利が上昇するなかで、世界中の国債金利が吊られて上昇しているので、日本国債の長期金利を長期国債を買い入れすることで、長期国債の市場流通を減らし、長期国債の需給バランスを崩して、需要過多にすることで、長期国債の取引価格を吊り上げる政策だ!結果として、長期国債の取引価格が上がるので、長期国債の金利を下落させる政策だ!

これが、黒田バズーカ第3弾だ!

このバズーカを、まともに受けたのは、日本人ではなく、外国人投機筋や外国人機関投資家だった!

米国債金利は上がるが、日本国債金利は恣意的に上がらずに固定化される!
故に、米ドルの価値は上がり、日本円の価値は下がる!

そこに目をつけて、外国人はドルを買って円を売ったのだ!

これが、2016年9月21日に行われた「黒田バズーカ第3弾」と、その結果だった!黒田バズーカは3回とも見事に炸裂しているのだ!

しかし、肝心の日本人が黒田バズーカ第3弾を不発弾と思っているかと言えば、バズーカ第3弾が撃たれたことにすら気付いていないのだ!

そして明日迎える日銀金融政策決定会合は、日本国民に裏切られた黒田日銀総裁が、黒田バズーカ第4弾を撃つのだ!

世界中の誰も、バズーカ第4弾は、撃たれないと考えている!日本人は3発目さえ気づかないでいるし!

黒田バズーカ第4弾とは?

先日も長期国債の買い入れ額を増額したが、このところの米国債金利の上昇で日本国債長期金利も上昇してしまっているので、爆発的な買い入れ額の増額と、買い入れ期間の延長を、日銀金融政策決定会合メンバーの全会一致で策定するのだ!

それは、ヘリコプターマネーの実行宣言であり、米国株バブルを上回る、日本株バブルの延長宣言なのである!?



日銀・黒田総裁の大誤算!アベノミクス正念場で迎える9つの課題!
マイクロマガジン社
進藤英彦

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日銀・黒田総裁の大誤算!アベノミクス正念場で迎える9つの課題! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック