7の年は金融危機が起こるが、バブルはどうにか延命して8の年に急落が起こる?

1987年のブラックマンデー、1997年のアジア通貨危機、2007年のサブプライム危機と、7の年には金融危機が起こると言われている。そうなると、2017年もなんらかの金融危機が顕在化しそうだ。しかし、筆者の周辺の運用者Nさんの話では、「7の年に金融危機が顕在化しても(相場は下がるが)暴落は起こらず、実際に市場の暴落が起きるのは8の年である」という。新債券の帝王ジェフリー・ガンドラックも、「市場の崩壊は2018年である」という見通しを語っており、あと1年程度、現在のバブル相場はなんとか持ちこたえるのかもしれない。

by石原順





世界の金融危機とバブルの分析
中央経済社
宮川 重義

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界の金融危機とバブルの分析 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック