◆来週の相場展望(日経平均は22700円のレジスタンスで反落、自民党総裁選まで持ち合い継続か!?)

◆投資主体別売買動向
画像
先週は、日経平均が28円下落した相場だった!今週は331円上昇し、週足はレジスタンスラインに一気に到達した!ここから上に離れると上に一気に行きそうだ!それは安倍総裁3選だろうか?

先週の投資主体別売買動向は、685億の売り越しだった!外国人3449億の大幅売り越し、法人1187億の大幅買い越し、個人2254億の大幅買い越し(現物大幅買い1651億、信用買い603億)!法人のうち145億を信託銀行が売り越した!

外国人の大幅売り越しは想定内で例年通りの動向で驚くに値しないが、この大幅売り越しを買い支えたのが年金でなく、事業法人654憶と投信509憶だった!個人は外国人の売りを買わされるのがいつも通りなので驚かないが、2254憶も買っている!そして投信509憶というのも個人だからな!下の週足チャートを見ると22000円くらいが押し目買いポイントとなっているようだ?

<月別>投資主体別売買動向を見ると、この3年間の8月は、年金が買い越して外国人と個人が売り越す、と言う、毎年のパターンが起こっている!8月9月は外国人が売ってくるな!
今年も8月の外国人は売り越しが鮮明となってきている!日銀のETF買いは減少しているが、年金の買い越しは既に去年を超える大きさとなっている!
<年別>投資主体別売買動向を見ると、今年の外国人は2016年と同程度の売り越しとなっている!外国人は去年は10月に選挙相場で大きく買い越して、この金額となったのだから、今後に大きく買い越す材料が無ければ、日経平均は大きく下落する事になるのだろうか?そして年金は去年の買い越し額を既に大きく上回っている!

自民党総裁選で、安倍総裁が3選されると、外国人が買ってくると予想されているが、政権の安定は買いだろうな!衆院選でも外国人は買ってきたからな!トランプ大統領選挙だけ逆だったが!


◆日経平均とダウ先物と原油先物チャート
日経平均週足チャート
画像
先物パラボリックが22808で、現物パラボリックが22841となっており、レジスタンスラインを越えて200円上昇すると、パラボリックが陽転となり、三角持ち合いを上放れすることを示唆する!3月末にトレンドラインまで下落して反転したが、その後の2回はトレンドラインまで下落せず反転しているので、相場は上に行きたがっているように感じる!先物ストキャスティクスは既に反転を示唆している!

日経平均とNYダウの日足チャートを比較!
画像
日経平均とNYダウ先物のRCIは、全く逆の方向を示唆している!日経平均は底値圏から上昇転換しており、NYダウ先物は高値圏からの調整を示唆している!上の週足パラボリック22800は、日足レジスタンスラインの前回高値となっている!

WTI原油先物チャート
画像
WTI原油先物月足は、下髭の長い十字線となってる!ここから上昇すると先行スパン2の69.14ドルを越して雲の上に抜けて来るかもしれない!しかし、原油高はドル高と共に、トランプ大統領が牽制発言を行うことが予想される!サウジアラムコの上場も取りやめて、サウジアラビアは原油高を止めたいトランプ大統領に協力しているようだ?
日足チャートは、昨夜先行スパン2の69.31ドルまで上昇したが、ここらで上場は止まるか?RSIには上値余地があるがストキャスティクスは高値圏からの調整を示唆している!67ドル辺りでショートで入ったが担がれストップロスヒット!昨日も売り直したが、また担がれている!


◆ジャクソンホールでパウエル議長がタカ派色を強めず下落した、か?ドル円相場!
画像
左上、20か月移動平均は、110.864となり、円安時代となっている!先行スパン1は111.106となり、週末は雲の上に抜けて終わっている!来週は月末なので雲の上なら、2か月連続となる!しかし標準偏差もADXも横這いでトレンドはない!

右下、週足は雲の上に抜けており、転換線111.268がレジスタンスか?転換線を太く表示したが、転換線の上にいると上昇、下にいると下落となり、現在は下落となっている!しかし標準偏差もADXも横這いでトレンドはない!

右上、200日移動平均は109.830となり、下値支持線となったか、綺麗に反発した!基準線が111.198となり、ここで止まったようだ!先行スパン1は111.617となり、来週は雲の上に抜けてくるのか?トランプ大統領は許さないだろうか?

左下、1時間足ボリンジャーバンドは、深夜から拡張し始めており、標準偏差もADXも横這いとなっており、月曜は朝からトレンド発生するかもしれない!パウエル祭で買い上げたドルを講演後に手仕舞い売りし始めており、日本時間も下落が発生すると予想し、朝の5時くらいからショートで入ると取れるか?


◆来週の相場展望

日経平均は、22700円のレジスタンスラインで反落し、自民党総裁選まで三角持ち合いを継続する!?
画像
現状は、日経平均の現物22601円に対し、大証先物22600円CME先物22590円となっており、月曜寄付きは横這いで寄り付くか?ドル円は金曜15時111.378から111.256となり、下落している!

テクニカル的には、先週末に陰線を作り、月曜に下落したが、火水木金と上昇し、パラボリックが陽転した!先物は木曜に陽転しており、先週末にトレンドラインからの戻りが腰折れしたと思っていた自分は担がれまくった!日足の方向感を見失うと5分足でも勝てない!
週足パラボリックが陽転するには、22800を付ける必要があるが、それにはレジスタンスラインの遥か上方へ!今回も前回高値22800と同様に、月曜寄付きから上昇して、フェボナッチ61.8%とクロスしているレジスタンスラインの辺り22684くらいで止まるか?ストキャスティクスはパンパンに高値圏からの調整を示唆している!

ここから上昇するには、自民党総裁選を待たなければならないだろうか?

日経平均先物5分足チャート
画像
そんなこんなで月曜寄付きは、上昇してレジスタンスラインに到達した辺りで、
RSIもストキャスティクスも高値圏からの調整を示唆してていれば、ショートで入る!
米国株は上昇したが、日経平均先物は横這いとなっている!その原因はドル円の下落だろうか?しかし金曜もドル円5分足が下落しているのに日経平均は上昇して高値引けとなったのだから、投機筋がレジスタンスラインまで上昇させる可能性は高い!ドル円1時間足の標準偏差とADXが横這いでトレンドの発生を待っている!月曜寄付きは、稼げるか?

今週は、1勝4敗となり、-85千となってしまった!
月曜から不調で火曜も水曜も先週まで勝てた作戦が失敗していた!原因に気付いたのが木曜だったので全敗はしなかったが含み損を持ち越したので実質は全敗だろうか?
三角持ち合いを下離れせず上昇トレンドになっているのにショート戦略を続けたら負け続けた!それだけだ!金曜の日経平均は上昇が強く、一気にレジスタンスライン近くまで上昇した!なので含み損を抱えて月曜を寄付きを我慢すれば下落するだろうと考えた!勝てない時は、その銘柄でなく、その時々の相場のトレンドの向きを確認する癖を付けなければならない!
来週も、寄付きからトレンドを見極める事を意識し無駄に逆張りせず順張り転換するデイトレードをするぞ!

1. トレンドを見る指標として、ボリンジャーバンドの傾きを見ていたが、MACDを導入することで、0より上か下かで方向を、0からの乖離幅でトレンドの強さを判定し、RSIとストキャスティクスで入る!
2. 朝一のロットを小さくして、ストップロス幅を大きくとる、方向感が掴めたら、ロットを上げて入る!そんなデイトレードを継続したい!
3. 特に寄付きで方向感がつかめない時にも入っておかなければデイトレードでは収益が上げられないのも判った!

--------------------------------------------------------------------------------------------
◆メルトアップとは、
過剰流動性によって全部の資産価格が上がってしまう現象で、株価が上昇するとは考えられない理由が十分あるにもかかわらず、大幅な株高が進む状況を指す。現在のメルトアップは中央銀行主導のバブル現象なので息が長いが、投資家はメルトアップの後にはメルトダウンが待っていることを頭に入れておくべきだろう。

◆メルトダウンとは、
「驚きが発生した時に、株式や特に債券の再評価は急激で劇的になりうる。同じ混雑した取引に捕まった全ての人は、われ先にと、出口へ向かう必要がでる。これまでと反対方向への群れる行動が発生する」とヌリエル・ルービニが指摘する局面だ。マクロ流動性と市場の非流動性との組み合わせによる行動ファイナンス理論である。
--------乗り遅れたくない投資家がこぞって市場に押し寄せるメルトアップの様相---by西山 孝四郎--------

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック