テーマ:今週の予想

今週の相場予想(4月26日~4月30日)

【見通し記事、抜粋】(来週の株式相場予想において参考にした記事で希望的でない参考になる記事を抜粋した) 【米国株】 + 今週の米株式相場は続伸か。28日の米連邦公開市場委員会(FOMC)声明では金融政策の変化は示唆されないと見られている。ゼロ金利の長期化を歓迎しそうだ。 - 来週のゴールドマン公聴会では商品の販売や設計に絡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の相場予想(4月19日~4月23日)

【見通し記事、抜粋】 【米国株】 + 景気の先行きを慎重にみる投資家もいぜん少なくないが、業績発表にあわせて企業活動の回復を印象付ける材料が示されれば、投資家心理を明るくする可能性もありそうだ。今週は金融大手やIBM、アップル、ボーイング、マイクロソフトなど主要企業の決算発表が相次ぐ。先週、大手銀やインテルなどが好決算を発表した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の相場予想(4月12日~4月16日)

株式投資の金言―天井売らず、底買わず・相場は明日もある (1966年) (イケダ3Mブックス)池田書店 森 喬一 Amazonアソシエイト by 【見通し記事、抜粋】 【米国株】 + 今週の株式相場はダウ工業株30種平均が終値で1万1000ドルの大台を回復する場面がありそうだ。今週から主要企業の2010年1~3月期の決算…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の相場予想(4月5日~4月9日)

【見通し記事、抜粋】 【米国株】 - 先週末のダウ工業株30種平均は1万927ドルで終わり、08年9月にリーマン・ブラザーズが破綻した直前の水準(1万1421ドル)まで500ドル弱に迫っただけに、高値警戒感も出ている。 + 式市場が休場の2日に発表された3月の雇用統計も、雇用情勢の緩やかな回復を示す内容だった。ただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の相場予想(3月29日~4月2日)

【見通し記事、抜粋】 【米国株】 + 4月2日発表の3月の雇用統計の市場予想は、雇用者数が前月比で19万人増える見通し。国勢調査に伴う政府の臨時雇用という特殊要因があるが、2年4カ月ぶりに10万人を超える増加となれば好感されよう。ただ2日はキリスト教の復活祭前の聖金曜日にあたり、株式市場は休場する。 - 週末は聖金曜日で休…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の相場予想(3月22日~3月26日)

【見通し記事、抜粋】 【米国株】 - 今週の米株式相場は米経済指標を注視した展開となりそうだ。今週は住宅販売や昨年10~12月期の米国内総生産(GDP)の確定値が発表される。今週は2月の中古住宅販売と新築住宅販売が発表される。市場予想の平均は中古住宅で前月比1%減、新築住宅で同2%増。今月上旬に発表され、先行指標の性格を持つ1月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の相場予想(3月15日~3月19日)

【見通し記事、抜粋】 【米国株】 + 米連邦公開市場委員会があり、金融政策や景気判断の変化に注目が集まる。「超低金利の継続が強調されれば米株にプラス」と見る。 【日本株】 - 日銀が16~17日の金融政策決定会合で追加の金融緩和策を示唆するかが最大の焦点。事前報道を受け市場では追加緩和策への期待が高まり、円高が一服し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の相場予想(3月8日~3月12日)

【見通し記事、抜粋】 【米国株】 +- 今週の米株式市場は、先週末に強まった景気の回復期待が持続するかどうかが相場の方向性を左右することになりそうだ。先週発表された経済指標には、1月の仮契約住宅販売指数が市場予想に反して低下するなど、個人消費の鈍さを裏付けるものもある。それだけに今週発表の2月の小売売上高や、ミシガン大学の消費者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の相場予想(3月1日~3月5日)

【見通し記事、抜粋】 【米国株】 -+ 今週の米株式相場は神経質な展開か。先週は個人消費の先行き懸念などから株価は下落した。米家計部門の回復の遅れが目立っており、今週発表の雇用統計も前月からの悪化を見込む声が多い。 【日本株】 -+ 今週(3月1~5日)の株式相場は日経平均株価が1万円を挟んだもみ合いか。ギリシャの財政不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の相場予想(2月22日~2月26日)

【見通し記事、抜粋】 【米国株】 - 今週の米株式相場は、米連邦準備理事会の公定歩合引き上げを受け、金融引き締めのペースや手順への関心が高まっている。今週はFRB幹部の発言が相次ぐため、内容を手掛かりに早期利上げに対する警戒感が出れば、相場の重荷となる可能性がある。 - 今週も引き続き「出口戦略」を取り沙汰しながら景気回復…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の相場予想(2月15日~2月19日)

【見通し記事、抜粋】 【米国株】 - 今週の米株式相場はもみあいか。投資家の間では、南欧諸国の財政問題や中国の金融引き締め姿勢を受け、世界経済の回復が鈍るとの懸念が強まっている。米国の経済指標と、欧州や中国を巡る海外の動きの両方を注視した神経質な展開となりそうだ。 【日本株】 +- 今週は、日経平均株価が1万円を挟ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の相場予想(2月8日~2月12日)

【見通し記事、抜粋】 【米国株】 +- 今週の米株式相場は米経済指標と欧州の債務問題をにらみ、もみ合う展開となりそうだ。先週前半は米景気回復を示す材料で買われた一方、後半は南欧諸国の政府債務が拡大するとの懸念から下げた。今週も2つの要素に左右される可能性が高い。 + 1月の小売売上高が発表される。コカ・コーラやウォルト・デ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の相場予想(2月1日~2月5日)

【見通し記事、抜粋】 【米国株】 - + 今週の米株式相場はもみ合いか。先週は世界景気の先行き懸念からダウ工業株30種平均は下落して終えた。素材・ハイテクなど景気敏感株が売られ、商品相場も軟調だった。1月は月間で大幅安で、買い優先で進んできた株式相場の転換点になる可能性がある。 【日本株】 - 今週も円相場が鍵を握る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の相場予想(1月25日~1月29日)

【見通し記事、抜粋】 【米国株】 - 今週の米株式相場は上値の重い展開になりそう。中国での金融引き締め観測やオバマ政権が打ち出した新たな金融規制案への懸念が強い。住宅市況の回復の鈍さなどを理由に、市場関係者から米景気の二番底を懸念する声が再浮上するなど景気の先行きを不安視するムードが広がっている。 - 今週はFOMC(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の相場予想(1月18日~1月22日)

【見通し記事、抜粋】 【米国株】  JPモルガンは米金融界で金融危機の影響が比較的小さく済んだ優良行とみられている。それだけにローンの貸し倒れに伴う費用が他の金融機関ではさらに深刻になるとの懸念が広がった。金融株が売られ、相場の下げを主導。ダウ工業株30種平均は前週末の100ドル超の下げで、週初からの上げをほぼ帳消しにした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の相場予想(1月12日~1月15日)

【見通し記事、抜粋】 【米国株】 - 今週の米株式市場では徐々に本格化する昨年10~12月期の決算発表が焦点となりそうだ。企業業績は総じて大幅な回復が見込まれ、市場の期待が高まっている。それだけに実際の決算内容が事前予想を下回るケースが相次げば株価の下押し材料となりかねない。米主要企業の10~12月決算発表は11日のアルミ大手ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日経平均 年足チャート(1970-2009)と2010の予想!?

今年も作ってみました。 日経平均の年足チャート。 1970年以前は値動きも少ないのでカットしましたが、 それにしても1980年代は良い時代だったんだろうと思います。 まるで定期預金のよう「株を買って放っておけば自然と値上がりしている相場」でしたねぇ~ こんな環境でのんびり資産形成したかったなぁ~ 2003…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の相場予想(12月28日~12月30日)

【見通し記事、抜粋】 【米国株】 + 29日発表の12月の消費者信頼感指数は前月比3・5ポイント高い53・0の予想。「11月の失業率の低下が消費者心理を改善させる」とみられ、小売関連株に買いが集まりそうだ。S&P/ケース・シラー住宅価格指数(10月)は前年同月比7・3%下落の見通し。予測では下落率が前月から縮小するため好感さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の相場予想(12月21日~12月25日)

【見通し記事、抜粋】 【米国株】 +- 今週の米国市場は引き続き底堅いのでしょうが、逆に上値も重いような展開ではないかと思います。イメージとしてはこれまでのもみ合い相場の延長と言う感じで狭い範囲での動きが続くものと思います。 - 今週の米株式相場はもみ合いか。先週末のダウ工業株30種平均は3週ぶりに前週末比で下落して取引を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の相場予想(12月14日~12月18日)

【見通し記事、抜粋】 【米国株】 - アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長国の資金繰り問題で、市場ではリスク抑制ムードが戻っている。ダウ工業株30種平均は年初来高値に迫る水準を回復し、高値警戒感も強まりそう。週半ばに開く米連邦公開市場委員会(FOMC)は特に驚きのない内容とみられている。 - ドバイの資金繰り問題で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の相場予想(12月7日~12月11日)

【見通し記事、抜粋】 【米国株】 今週は11月の小売売上高やミシガン大学の12月の消費者態度指数などが発表される。雇用改善を裏付ける形で消費指標が明確な回復を示すのか、あるいは11月の雇用改善が統計上の特殊要因であることを示唆する内容で終わるのか。市場関係者の関心は高い。 米クリスマス商戦の動向などが懸念され、ドルの買…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の相場予想(11月30日~12月4日)

【米国市場】  今週の米株式相場は弱含みの展開か。先週中に急浮上したアラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長国の資金繰り危機がきっかけとなって世界的にリスク回避の動きが強まっており、米国株にも重しとなりそう。年内の取引日が徐々に少なくなり、利益確定の売りが増えやすい状況でもある。  先週の米株式相場は「ドバイショック」を受けて週…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の相場予想(11月24日~11月27日)

【ドル円相場と米国住宅市場】 23日からの週、ドル・円は下値模索か。 最大の注目点は米金利動向だ。 足元では長期金利の低下がドル・円の下落要因となっている。 来週は相次ぎ発表される米住宅指標が長期金利に及ぼす影響が特に重要となる。 23日に10月中古住宅販売件数、24日に9月S&Pケースシラー住宅価格指数、25日に10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の相場予想(11月16日~11月20日)

週末の米国市場は上昇した。CMEも小幅高となっている。 日経平均のチャートは下落を予感させる形となっている。 自分の少ない投資年数の中で、このような秋のジリ下げ相場は2006年にあった。 「なんで上がらないんだ。もう上がらないのか!株って下げ続けるものなんだ!」 と、3000円くらいの含み損が痛くて仕方なかった日々。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の相場予想(11月9日~11月13日)

【日経抜粋】 需給を悪化させそうな複数の要因 1、決算期末を控え海外ヘッジファンドなどの利益確定売りが膨らみやすい 2、すでに増資を発表したNECなどに続き、エクイティファイナンス(新株発行を伴う資金調達)がさらに増えるか否か 3、13日の株価指数オプションの特別清算指数(SQ)算出までにポジション解消や仕掛け的な先物売りが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の相場予想(11月2日~11月6日)

とりあえずGDPで戻した分を全て払い出した米国株は何を意味しているかが問われる週となりそうじゃないですかぁ~ 火曜日が祭日なので月曜日は、米国株の大幅下落を受け止めるしかないのでは・・・。10月30日の決算発表が良くても相場全体が下げる時には売られるような気がするのですが、どうでしょうか? 自分が現物で持っている銘柄だけは下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の相場予想(10/26-10/30)

【今週の日本株、予想抜粋】-------------- ①今週(26~30日)の日経平均株価は底堅い展開か。発表が本格化する4~9月期決算で企業業績の改善を確認し、下値を支えるとの見方が多い。通期予想の上方修正に踏み切る主要企業が相次げば、8月26日に付けた年初来高値(1万0639円)の更新を試す場面もありそうだ。ただ、上値には戻り待…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の相場予想(10/19-10/23)

 株式市場をはじめとして、金余り相場で金融市場のボラティリティ(変動率)がいっこうに上がらない。これは各国のバブル政策と金融緩和というPKOに因るところが大きい。今年の外為相場はATRも相場変動幅が長期に上がらないし、株が下がらないので、株価連動のクロス円も本格的な円高となりにくい。本格的な円高局面というのは株価下落によるリスク収縮局面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の相場予想(10/12-10/16)

昨日のNY時間にドルインデックスは2008年8月以来低水準となる75.767まで下げた。この水準は重要なサポートラインであり、現在、ドルが一旦反発するか、ドルの底が抜けるかの正念場に差し掛かっている。 ドルインデックス(日足) (出所:石原順、ブルームバーグ) ◆ドル円は、ずいぶん戻ったが、日足ではブレイクされていない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の相場予想。中期編(金融バブルの顛末はKBW指数の反応で見る)

最近、いろいろな意見があるが、常に中立的で「目先の利益を追求すべきだ。」みたいな、ペンネーム石原先生の見解が好きだ。( ^^) 今週のコラムでは、「金融相場が「逆金融相場」になるのではないかという懸念がある。」とな!? それは、「9月14日の英テレブラフ紙に「米銀は貸し渋りを拡大しており、信用供給の総量が減少し、これを受けて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more