アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
t-koma'sDayTrade2006.7-
ブログ紹介
日々のトレード顛末等と今の相場展望を綴るのだ!?
<<相場観の確認ツール!>>
FT Yield Curve
FedWatch CME
中央銀行会合スケジュール
2018年12月末までの日経平均年足

現在の米ドル/円チャート
日経平均年足

ストップロスの心構え!

有能なトレーダーにとって重要なのは、
チャートにおける支持・抵抗水準ではなく、
その日の高値や安値でもない。

受け入れる苦痛の程度なのである。

自分がどれだけの苦痛を受け入れるか!

前もって決めておくことが大切!
学び、習い、考え、備え、そして、行動せよ
(ラリー・ウィリアムズ)

この世のすべての金融商品は<金利>というファクターでみるとすべて同等に扱える!

長い塩漬けの後に受け入れきれない苦痛だったと
損切りしてから気付くことを最後まで止められない場合は
市場から退場する決意をする苦痛を
受け入れることになる!

ストップロスは大事だ!t-koma


[ この下のリンクからテーマ別の記事へ飛びます! ]

[株主優待]  [今の相場展望]  [今日のトレード]  [相場予想]  [日銀]

zoom RSS

◆来週の相場展望(日経平均は、FOMC利下げ無しで出尽くし下落か?党首討論で衆参同日選で上昇か!?)

2019/06/15 12:07
◆投資主体別売買動向
画像
先週は、日経平均が283円上昇した相場だった!今週は232円上昇し、今週も先週に続き自社株買いだけの閑散に売りなし相場だったと考えられる!

先週の投資主体別売買動向、現物合計は188億の買い越し、外国人の先物は476憶の買い越しで、664憶の買い越しとなった!現物は外国人1143億の大幅売り越し、法人2303億の大幅買い越し、個人971億の売り越し(現物売り459億、信用売り512億)!法人のうち153億を信託銀行が買い越した!(事業法人「自社株買い」は1725憶の大幅買い越し、投信は542憶の買い越しとなった!(先物は、信託銀行587憶買い越し・投信349憶買い越しとなっている!)

先週の木曜から売買代金が2兆円割れする閑散に売りなし相場が続いている!日経平均週足は大陽線だったが、外国人の先物は少しの買い越しで1月からの上昇相場を支えたジリ上げの買い戻し相場ではないことは確実だ!相変わらず現物を売り越しているので、消費増税延期と衆参同日選が無ければ外国人は現物を買い戻さないだろう!下落トレンド発生と見た個人は売り越しており、外国人と個人の売りを自社株買いと日銀ETF買いで、買い上げて大陽線を形成したのだ!今週も全く同様の動きだった!先週のほうが日銀ETF買いが多かったからローソク足は十字線だったのか?
アダムスミス2世のコメント(株価が上昇した最大の理由は事法などの国内投資家が買ったからというより、パウエル発言とNY株の上昇のため、水曜の寄りに売り方も買い方も強気になって指値を引き上げたからであった。従来なら海外が買い上がりを続け、NY株に遅れて日本株ももっと上昇していた。第1週は海外の買いがなかったため、上昇は水曜の寄りに集中することになった。それ以外は事法と日銀ETFが買い支え、ブルベア型投信や銀行、信託が先物を少し買い上がった。)

10月末週の投資主体別売買動向から、外国人の先物売買動向を合計しているが、まだ2018年5月以降しかデータを入れていないので、昨年や昨昨年との比較が出来ない!


◆日経平均とダウ先物と原油先物チャート

日経平均週足チャート
画像
先週のパウエル発言とNY株の上昇でトレンド転換したかと思ったが、やはり下落トレンドは継続しており、21300円辺りが上限か?短期の下落トレンドは、RSIは50%の下にある場合となっており、20%まで下落すると反発していることが解る!まだ下値余地がありそうだ!

日経平均とNYダウの日足チャートを比較!
画像
今週も週足で比較するが、大変なことに気付いた!
日経平均はRSI20%で底打ち反転しているが、NYダウ先物は違った!RSIが30%を割ったところで、RSIは反発しているが株価は反発した後で大きく下落しているではないか!しかも三尊天井の1回目は30%を割らずに反発しているが、今回は割り込んでの反発だ!来週のFOMCや、再来週のG20での米中首脳会談、ここらあたりで暴落のシグナルを受け取るのかもしれない!?

WTI原油先物チャート
画像
WTI原油先物日足は、ボリンジャーバンド-1σが52.36となり、下落トレンドは継続している!しかしRSIは50%の上に出たら終わりか?なぜなら、週足RSIやストキャスティクスを見ると、どうやら底値圏になっており、ここからの下落は望まない方がよさそうだから!?


◆米経済指標の好転を受けて上昇した、か?ドル円相場!
画像
左上、20か月移動平均は110.418となり円高時代となっている!先行スパン2は108.379となり、ローソク足は未だ雲の中にいる!下抜けるのは時間の問題か?標準偏差もADXも横這いとなってトレンドの発生は近いか!?

右下、週足ボリンジャーバンド-1σは109.200となり、下落相場となっているが、標準偏差もADXも下落しておりトレンドの発生はない!週足の下落トレンドが発生すると104.008を目指すのだろうか!?

右上、日足ボリンジャーバンド-1σは108.272となり、ローソク足はバンドの上に入っておりトレンドレスな相場となっている!標準偏差もADXも横這いだ!

左下、1時間足ボリンジャーバンド+1σは108.489となり、米4月小売り売上高の上方修正で-1σから一気に-1σを上抜けて上昇トレンドが発生したが、ここでは買えないな!すぐに買って放置しておけば取れたが・・・。日足がトレンドレスなので一時間足のトレンドを取る作戦でしか入らないようにしている!


◆来週の相場展望

日経平均は、FOMC利下げ無しで出尽くし下落か?党首討論で衆参同日選で上昇か!?
画像
現状は、日経平均の現物21116円に対し、大証先物20980円CME先物20980円となっており、月曜寄付きは136円くらい安く寄り付か?しかし、ドル円は金曜15時108.334から108.542となり、上昇している!

テクニカル的には、RSIは50%の上に出ており上昇相場となっている!しかし80%を越して先物は既に下落し始めている!月曜メキシコ関税なしで窓明け上昇がなければ25日線は超えなかったし、水曜パウエル発言で長い上髭となり、閑散に売りなしの上昇で弱いことが判明し、先物の引け値は20980で20日線20999より下となっており、今週の窓明け上昇が米国株に追随出来ない日経平均の織り込み過ぎだったのか?月曜寄付きは、5日20日25日の全てのラインの下で寄付き下落ないしは水曜FOMCまで横這いと考えられる!ドル円の上昇は米小売り売上のショートカバーでの上昇と考え月曜寄付きまでに下落するだろうと!?

19水に党首討論会があり、そこで安倍総理が衆院解散で消費増税を見送ると思われていたが現在は火消しされているがノストラダムスの大予言となるかもしれない!?

日経平均先物5分足チャート
画像
そんなこんなで月曜寄付きは、様子見!?
日経平均先物とCME先物は、ここ3日間の終値が21000円付近にいる!全く動いていない!来週もFOMCまで動かないだろうと考えられる!余計なことはせずにFXでもやっているほうがましか!?

今週は、2勝1敗2確定なしで、+29千となり、含み損-799千となり229千増加した!
5/17から担がれていた銘柄を先週微益で撤退し上で売った玉を引っ張ったが戻りが強いので大引けで買い戻した!先週の撤退値より1/3くらい戻されてしまった!利食い優先で行こうと考えたりするとトレンドが発生するのだろうか?
来週もトレンドを見極める事を意識し無駄に逆張りせず順張り転換するトレードをする!

1. トレンドを見る指標として、ボリンジャーバンドの傾きを見ていたが、MACDを導入することで、0より上か下かで方向を、0からの乖離幅でトレンドの強さを判定し、RSIとストキャスティクスで入る!
2. 朝一のロットを小さくして、ストップロス幅を大きくとる、方向感が掴めたら、ロットを上げて入る!そんなデイトレードを継続したい!
3. 特に寄付きで方向感がつかめない時にも入っておかなければデイトレードでは収益が上げられないのも判った!
4. マケスピ2に、標準偏差が搭載されたので、ボリンジャーバンド-+1σの外、標準偏差が上昇、ADXも上昇なら尚可、でポジションを取るようにしているので何もしない日時が増えて、無駄な負けトレードが減った気がする!(ストップロスを付けないとトレンドが出ていない銘柄を延々と持ち続けることが判った!)

--------------------------------------------------------------------------------------------
◆メルトアップとは、
過剰流動性によって全部の資産価格が上がってしまう現象で、株価が上昇するとは考えられない理由が十分あるにもかかわらず、大幅な株高が進む状況を指す。現在のメルトアップは中央銀行主導のバブル現象なので息が長いが、投資家はメルトアップの後にはメルトダウンが待っていることを頭に入れておくべきだろう。

◆メルトダウンとは、
「驚きが発生した時に、株式や特に債券の再評価は急激で劇的になりうる。同じ混雑した取引に捕まった全ての人は、われ先にと、出口へ向かう必要がでる。これまでと反対方向への群れる行動が発生する」とヌリエル・ルービニが指摘する局面だ。マクロ流動性と市場の非流動性との組み合わせによる行動ファイナンス理論である。
--------乗り遅れたくない投資家がこぞって市場に押し寄せるメルトアップの様相---by西山 孝四郎--------
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日銀、3日4日の買いは良い買いだ!としても13日は買い支えか!?

2019/06/15 09:52
 最近の買い入れ一覧は以下の通り。

        ETF 新型ETF REIT
   6月3日  705    12     12
     4日  705    12     ―
     5日  ―    12     ―
     6日  ―    12     ―
     7日  ―    12     ―
     10日  ―    12     ―
     11日  ―    12     ―
     12日  ―    12     ―
     13日  705    12     ―
     14日  ―    12     ―
(注)単位は億円。―は買い入れなし。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日経平均は、21049で寄付き寄り天、SQ値21060.56となり上に幻のSQだ!?

2019/06/14 09:25
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


◆来週の相場展望(日経平均は、米雇用統計でドル円下落!米国のメキシコ関税発動中止で出尽くしか!?)

2019/06/08 12:22
◆投資主体別売買動向
画像
先週は、日経平均が516円下落した相場だった!今週は283円上昇し、日経平均は4週続落で転換したか?

先週の投資主体別売買動向、現物合計は1418億の大幅買い越し、外国人の先物は3137憶の大幅売り越しで、1718憶の大幅売り越しとなった!現物は外国人2838億の大幅売り越し、法人3134億の大幅買い越し、個人1122億の大幅買い越し(現物買い476億、信用買い646億)!法人のうち692億を信託銀行が売り越した!(事業法人「自社株買い」は1947憶の大幅買い越し、投信は563憶の買い越しとなった!(先物は、信託銀行837憶売り越し・投信213憶売り越しとなっている!)

先週は516円下落したが今週は283円戻した!自社株買いと信託銀行と個人しか買っておらず機関投資家の買いが無いから出来高売買代金が少ないのだと納得する!NYダウ先物は週足陽線包み足で戻して力強いが日経平均は先週の下落を回復出来ていない!しかし今週の外国人は米国株の買い戻しとともに日本株も買い戻したと考えられる!
アダムスミス2世のコメント(売り方の中心は海外。5月5日のトランプ大統領による対中関税引き上げ表明以降はヘッジファンドなどの投機筋が中心に売りが続いている。買い方は自己の日銀ETFが最大の買い手であった。逆張りの個人も買った。事法の自社株買いもいつものように買った。銀行、保険、信託といった機関投資家は皆売り方であった。貿易戦争が激化しているので、まだ買いではなく売りであると考えているようだ。)

10月末週の投資主体別売買動向から、外国人の先物売買動向を合計しているが、まだ2018年5月以降しかデータを入れていないので、昨年や昨昨年との比較が出来ない!


◆日経平均とダウ先物と原油先物チャート

日経平均週足チャート
画像
現物パラボリックが陰転して2日で戻り歩調だが、陰転したら戻り売りなのが下落トレンドだと考えると来週に上昇するか下落するかでトレンドの上下が判定できると考える!RCI短期は底値圏におり反発を示唆しているが0を超えるかどうかがポイントだ!RSIは50%の下におり弱気だがストキャスティクスは反発を示唆している!基本的に自律反発の時期と考える!一目均衡表の雲に阻まれるのだろうか?現物は20347円ライン、先物は20140円ラインが下値支持線として機能している!

日経平均とNYダウの日足チャートを比較!
画像
今週も週足で比較、先週はNYダウ先物の戻りが強烈で陽線包み足となっており、雇用統計で動いた分が来週のローソク足となっているのか?パラボリックが陽転して上昇するなら上昇トレンドへ転換となり、下落するなら三尊天井の完成への下落トレンド継続と考える!それにはRSIが50%の下にいる必要がある!

WTI原油先物チャート
画像
WTI原油先物月足は、陽線となってしまった!(ショートしているので)しかしRSIは50%の下にいるので弱いか?日足ボリンジャーバンド-1σは54.81となり、ここを割り込んだら手仕舞いか?しかし2ATRでトレイリングストップが入っているので放置している!□の枠の天井でショートしているので下落を祈るのみだ!


◆米5月雇用統計で下落したがメキシコ関税回避期待で戻した、か?ドル円相場!
画像
左上、20か月移動平均は110.402となり円高時代となっている!先行スパン2は108.379となりローソク足は雲の下に出た!ドル円月足は弱気相場入りだ!標準偏差は横這いADXは下向きとなりトレンドの発生はないが、微妙に下落トレンドなのだろうか?

右下、週足ボリンジャーバンド-1σは、109.321となりローソク足は割り込んだ!標準偏差もADXも少し上向き加減でビッグトレンドが発生するかもしれない!

右上、日足ボリンジャーバンド-1σは108.585となり下落トレンドだが、5/31のメキシコ関税で大きく下落した後は横這いとなっている!標準偏差は下向きADXは上昇の弱いトレンド発生となっているのか?5/31始値付近のショートポジションは維持しているが含み益が減少するのを見ているのがつらい!

左下、1時間足ボリンジャーバンド-1σは108.137となりローソク足は-1σの上に入って雇用統計での下落トレンドは終了した!と言うより雇用統計発表時だけの下落だったようだ!この後は利下げ観測て下落するのか、米株高で上昇するのか、週初はメキシコ関税の行方を確認することから始まるのだろうか?


◆来週の相場展望

日経平均は、米雇用統計でドル円下落!トランプ大統領のメキシコ関税発動中止で出尽くしか!?
画像
現状は、日経平均の現物20884円に対し、大証先物21050円CME先物21055円となっており、月曜寄付きは160円くらい高く寄り付か?しかし、ドル円は金曜15時108.441から108.209となり、下落している!

メキシコ関税の発動が中止されたと報道されているので、先週末に米雇用統計の後に上昇した分は出尽くしと考える!
テクニカル的には、先物パラボリックは21087で陽転するので月曜寄付き直後に陽転し、現物も同様か?現物フェボナッチ61.8%21059円、先物フェボナッチ61.8%21022円、ここまでの戻りで一服となる感じか!何故ならメキシコ関税の材料で下落した分より戻しているので、材料出尽くしで上昇ストップだろうか?そうするとパラボリックが陽転して下落する下落トレンド継続とRSIは50%の下にいるという下落トレンド継続のテクニカルが一致するのだが?


日経平均先物5分足チャート
画像
そんなこんなで月曜寄付きは、寄り天と考えショートで入るか?
大証先物もCME先物も21000円を超えられずに下落し、米雇用統計で20870円くらいまで下落してから、利下げ期待とメキシコ関税回避期待で上昇して引けている!メキシコ関税の発動は中止されたが、米雇用統計を受けたドル円は下落したが半分しか戻していない!日経平均は全戻し出来るはずもなく、21050円とか高く寄り付いても21000円を維持できるドル円の位置かどうかを注視する必要があるのか!

今週は、1勝0敗4確定なしで、+2千となり、含み損-570千と56千増加した!
5/13から担がれた内需株の下落を買い戻して微益!上で売り乗せた分はトレイリングストップで我慢!レバETFを利食いせず我慢したら含み益が半減しているが来週にはストップロスかもしれない!しかし寄付きで売るつもりだが!?
来週もトレンドを見極める事を意識し無駄に逆張りせず順張り転換するトレードをする!

1. トレンドを見る指標として、ボリンジャーバンドの傾きを見ていたが、MACDを導入することで、0より上か下かで方向を、0からの乖離幅でトレンドの強さを判定し、RSIとストキャスティクスで入る!
2. 朝一のロットを小さくして、ストップロス幅を大きくとる、方向感が掴めたら、ロットを上げて入る!そんなデイトレードを継続したい!
3. 特に寄付きで方向感がつかめない時にも入っておかなければデイトレードでは収益が上げられないのも判った!
4. マケスピ2に、標準偏差が搭載されたので、ボリンジャーバンド-+1σの外、標準偏差が上昇、ADXも上昇なら尚可、でポジションを取るようにしているので何もしない日時が増えて、無駄な負けトレードが減った気がする!(ストップロスを付けないとトレンドが出ていない銘柄を延々と持ち続けることが判った!)

--------------------------------------------------------------------------------------------
◆メルトアップとは、
過剰流動性によって全部の資産価格が上がってしまう現象で、株価が上昇するとは考えられない理由が十分あるにもかかわらず、大幅な株高が進む状況を指す。現在のメルトアップは中央銀行主導のバブル現象なので息が長いが、投資家はメルトアップの後にはメルトダウンが待っていることを頭に入れておくべきだろう。

◆メルトダウンとは、
「驚きが発生した時に、株式や特に債券の再評価は急激で劇的になりうる。同じ混雑した取引に捕まった全ての人は、われ先にと、出口へ向かう必要がでる。これまでと反対方向への群れる行動が発生する」とヌリエル・ルービニが指摘する局面だ。マクロ流動性と市場の非流動性との組み合わせによる行動ファイナンス理論である。
--------乗り遅れたくない投資家がこぞって市場に押し寄せるメルトアップの様相---by西山 孝四郎--------
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日銀、29水から4火まで5日連続ETF買いを実施!ちょっとプラ転か!?

2019/06/08 07:43
 最近の買い入れ一覧は以下の通り。

        ETF 新型ETF REIT
   5月24日  707    12     ―
     27日  ―    12     ―
     28日  ―    12     ―
     29日  707    12     ―
     30日  707    12     ―
     31日  707    12     12
   6月3日  705    12     12
     4日  705    12     ―
     5日  ―    12     ―
     6日  ―    12     ―
     7日  ―    12     ―
(注)単位は億円。―は買い入れなし。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


消費増税を前提とした織り込みがじわりと広がってくる可能性は確実にある!?

2019/06/06 19:56
なぜなら、増税なしとか、5%に戻すとかを織り込んでいるはず!?


 「実施の可能性は6割くらい市場で織り込まれている」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘チーフ投資ストラテジスト)との声も聞かれ、すぐに株価などが過敏反応することはなさそう。ただ今後、経済統計や企業業績などに増税を前提とした織り込みがじわりと広がってくる可能性はありそうだ。


官房長官、消費増税「G20で説明」 実施を公約との受け止めも

2019/06/06 18:09 日経速報ニュース 772文字

 政府が10月に予定する消費税率の10%への引き上げが、実行に移される公算が大きくなってきたようだ。菅義偉官房長官は6日午後の記者会見で、消費増税について「(6月に開かれる)20カ国・地域(G20)首脳会議の場で各国に説明する」と表明した。対外的に増税実施の公約を事実上、掲げることになるとも受け取れるためだ。

 安倍晋三政権は過去2度、増税を延期した経緯がある。今回は足元で、景気動向指数の基調判断が約6年ぶりに「悪化」となるなど弱い経済指標が相次ぐ中、3度目の延期論が一部にくすぶっていた。

 菅氏は6日、増税に関し「全世代型社会保障の構築に向けて子育て世代への投資をしっかりと行うとともに、経済に影響を及ぼさないよう十分な対策を講じる考え」をG20で説明すると述べた。

 前回、増税を延期した2016年は、5月に伊勢志摩で開いた主要7カ国(G7)首脳会議で、安倍首相が当時の世界経済について「リーマン・ショック前に似ている」と主張。直後の6月1日に増税延期を表明し、7月の参院選に臨んだ経緯がある。

 それだけに今回、官房長官が増税についてG20の場で各国に説明する方針を示したことは、政府内でも実施に向けてまとまりつつあることがうかがえる。5日の参院本会議で安倍首相は「安定財源を確保するためどうしても必要」と発言したほか、自民党の甘利明選挙対策委員長も同日、都内の講演で「延期は絶対にない」と強調した。

 「実施の可能性は6割くらい市場で織り込まれている」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘チーフ投資ストラテジスト)との声も聞かれ、すぐに株価などが過敏反応することはなさそう。ただ今後、経済統計や企業業績などに増税を前提とした織り込みがじわりと広がってくる可能性はありそうだ。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


S&P500先物の日足パラボリックが陽転した!米国株の上昇は一服だろうか!?

2019/06/06 10:43
下落トレンドなら、ここから下落だ!

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


◆来週の相場展望(日経平均は、フェボナッチ50%を割り込み12月安値18948円を目指して下落か?)

2019/06/01 12:10
◆投資主体別売買動向
画像
先週は、日経平均が133円下落した相場だった!今週も516円下落し、日経平均は4週連続の下落となった!先週は外国人の現物売りも減少してきて本来なら今週は買い越しに転じていたかもしれないが週末のトランプ大統領のツイートで、外国人の先物超大幅売り越しとなったと考えられるが?

先週の投資主体別売買動向、現物合計は752億の買い越し、外国人の先物は4093憶の大幅売り越しで、3340憶の大幅売り越しとなった!現物は外国人799億の売り越し、法人966億の買い越し、個人585億の買い越し(現物買い15億、信用買い569億)!法人のうち424億を信託銀行が売り越した!(事業法人「自社株買い」は1404憶の大幅買い越し、投信は323憶の売り越しとなった!(先物は、信託銀行67憶売り越し・投信442憶買い越しとなっている!)

先週は133円下落したが外国人の現物売りは減少していた!しかし先物の売り越しは増加していた!やはり外国人の先物売り越しは投機筋なのだろうか?今週は先週の3倍くらい売っている感じか?そして5月1週に現物を買った個人も今週から来週には投げてくる感じか?
アダムスミス2世のコメント(5月5日のトランプ大統領による対中関税引き上げ表明以降、年初から買い続けてきた海外投機筋は弱気になって売り続けているようである。5月5日のトランプ大統領による対中関税引き上げ表明以降はヘッジファンドなどの投機筋が中心となって日本株に売りが続いている。第3週の売りは第1週よりは減少したが、第2週を上回る売りが出た。)

10月末週の投資主体別売買動向から、外国人の先物売買動向を合計しているが、まだ2018年5月以降しかデータを入れていないので、昨年や昨昨年との比較が出来ない!


◆日経平均とダウ先物と原油先物チャート
日経平均週足チャート
画像
週足日経平均現物のパラボリックがようやく陰転した!先物は4週前から陰転している!すなわち5月の下落を捉えていたのだった!しかし現物も陰転したので、ここから本格的な下落トレンドとなるのか?週足パラボリックが陰転した時のRSIの位置に注目すると50%の下にいるうちは下落トレンド継続と考えられ、20%に下落すると反転している!50%まで戻して反落するようだと強い下落トレンドとなるのだろうか?

日経平均とNYダウの日足チャートを比較!
画像
今週も週足で比較するが、NYダウ先物は三尊天井の完成に向けて継続している!RSIもストキャスティクスも底値圏に到達しており、反発するのか日柄調整して下落継続か?

WTI原油先物チャート
画像
WTI原油先物月足は、2.3.4月の3か月分の上昇を5月に消して下落した!やはり米国株と連動性が高すぎる!そんな訳で、5/22からのショートポジションには利が載って来たぞ!玉が小さいのが残念だ!そろそろ売り乗せと考えたら大きく下落してしまった!しかし、RSIは底値圏で反発しそうだが?


◆メキシコ関税導入で米国債利回り低下に伴うドル売りで下落した、か?ドル円相場!
画像
左上、20か月移動平均は110.674となり円高時代となっている!先行スパン1は110.366となりローソク足は雲の中で止まった!しかし、6月のローソク足は描いたように始値から雲の下に出てしまう感じか?標準偏差は横這いでトレンドの発生を待つ感じ?ADXも下落している!

右下、週足ボリンジャーバンド-1σは109.369となり、標準偏差とADXは上昇していないが、週足下落のビッグトレンドが発生するかもしれない!次の下値メドは1/7安値107.767か?

右上、日足ボリンジャーバンド-1σは109.252となり、標準偏差が上向きとなってきた!ADXも下落を止めそうであり、下落トレンド発生か?

左下、1時間足ボリンジャーバンド-1σは108.502となり、8時から下落トレンド発生となった!ちょうどボリンジャーバンド-1σを割り込むタイミングであり、5分足も1分足も下落トレンドを発生しそうなタイミングだったので躊躇なくショートポジションを取ったら、あれよあれよと下落するので、すぐに2玉目を追加投入したが109.35辺りの揉み合いで利食いしてしまった!その後に7玉投入して3勝4敗したがストップロスは小さいので利益は出た!1玉持ち越しており含み益たっぷりなので日足でトレイリングするぞ!


◆来週の相場展望

日経平均は、フェボナッチ50%の20655円を割り込み12月安値18948円を目指す!?
画像
現状は、日経平均の現物20601円に対し、大証先物20450円CME先物20435円となっており、月曜寄付きは160円くらい安く寄り付か?ドル円は金曜15時108.939から108.315となり、下落している!

テクニカル的には、5/30木にパラボリックが陰転したが、ここから上昇するなら上昇トレンドへ復帰、下落するなら下落トレンド発生と考えていたところ、トランプ大統領のメキシコ関税で大幅下落し下落トレンド発生となった!目指すは12月安値18948となったか?12月安値の頃に日銀ETFのコストが18434円くらいとなっていたので現在は12月安値くらいまで上昇しているかもしれない?

日経平均先物5分足チャート
画像
そんなこんなで、20500円で戻り売りしてみるか!?
先週の相場展望は、「日経平均は、衆参同日選と消費増税の可否決定まで21000円を下値メドに持ち合いとなる!?」と書いたが、トランプ大統領のツイートで持ち合いどころか下離れしてしまった!RSIの上昇ダイバージェンスが正しく作用したことになるのか?月曜寄付きは、寄り底になるかもしれないので、個別ショート銘柄の利食い戦略を実行し、レバETFはトレイリングストップなので新規のポジションを20500円の戻り売りを試すか!?

今週は、0勝0敗5確定なしで、+-0千となり、含み損-514千と278千減少した!
一週間取引なしのようだが違う!毎日先週までにショートした銘柄のトレイリングストップを確認しレバETFを2回売り載せした!月曜で一旦下落は止まりそうだが、もう一段の下落がありそうな感じしかしない!?
来週もトレンドを見極める事を意識し無駄に逆張りせず順張り転換するトレードをする!

1. トレンドを見る指標として、ボリンジャーバンドの傾きを見ていたが、MACDを導入することで、0より上か下かで方向を、0からの乖離幅でトレンドの強さを判定し、RSIとストキャスティクスで入る!
2. 朝一のロットを小さくして、ストップロス幅を大きくとる、方向感が掴めたら、ロットを上げて入る!そんなデイトレードを継続したい!
3. 特に寄付きで方向感がつかめない時にも入っておかなければデイトレードでは収益が上げられないのも判った!
4. マケスピ2に、標準偏差が搭載されたので、ボリンジャーバンド-+1σの外、標準偏差が上昇、ADXも上昇なら尚可、でポジションを取るようにしているので何もしない日時が増えて、無駄な負けトレードが減った気がする!(ストップロスを付けないとトレンドが出ていない銘柄を延々と持ち続けることが判った!)

--------------------------------------------------------------------------------------------
◆メルトアップとは、
過剰流動性によって全部の資産価格が上がってしまう現象で、株価が上昇するとは考えられない理由が十分あるにもかかわらず、大幅な株高が進む状況を指す。現在のメルトアップは中央銀行主導のバブル現象なので息が長いが、投資家はメルトアップの後にはメルトダウンが待っていることを頭に入れておくべきだろう。

◆メルトダウンとは、
「驚きが発生した時に、株式や特に債券の再評価は急激で劇的になりうる。同じ混雑した取引に捕まった全ての人は、われ先にと、出口へ向かう必要がでる。これまでと反対方向への群れる行動が発生する」とヌリエル・ルービニが指摘する局面だ。マクロ流動性と市場の非流動性との組み合わせによる行動ファイナンス理論である。
--------乗り遅れたくない投資家がこぞって市場に押し寄せるメルトアップの様相---by西山 孝四郎--------
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日銀、下落するナイフを掴みまくりなのは衆参同日選確定なのだろう!?

2019/05/31 20:49
 最近の買い入れ一覧は以下の通り。

     ETF 新型ETF REIT
5月20日   ―    12    ―
  21日  707    12    12
  22日   ―    12    12
  23日  707    12    ―
  24日  707    12    ―
  27日   ―    12    ―
  28日   ―    12    ―
  29日  707    12    ―
  30日  707    12    ―
  31日  707    12    12
(注)単位は億円。―は買い入れなし。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


◆来週の相場展望(日経平均は、衆参同日選と消費増税決定まで21000円を下値メドに持ち合いとなる?)

2019/05/26 08:04
◆投資主体別売買動向
画像
先週は、日経平均が94円下落した相場だった!今週も133円下落し、日経平均は3週連続の下落となった!先週は、外国人のセルインメイゴーアウエイは継続し現物売り、個人の買いは縮小し様子見となり、決算発表を終えた自社株買いが外国人の売りを買い支える相場展開となっている!今週は、5月1週に現物を押し目買いした個人が暴落前に見切り売りしたか外国人が先物現物を売って来たかだな?

先週の投資主体別売買動向、現物合計は1311億の大幅買い越し、外国人の先物は2766憶の大幅売り越しで、1454憶の大幅売り越しとなった!現物は外国人1173億の大幅売り越し、法人2883億の大幅買い越し、個人397億の売り越し(現物売り668億、信用買い270億)!法人のうち56億を信託銀行が買い越した!(事業法人「自社株買い」は2306憶の大幅買い越し、投信は440憶の買い越しとなった!(信託銀行86憶・投信433憶とも先物は買い越しとなっている!)

外国人は5月1週に先物を大幅売り越しして来たが、先週5月2週は現物も売り越してきた!4月に現物を16055憶買い越しているので利食い売りだろうか?今週も日経平均は下落しているのだから外国人は現物を売って来ているのだろうか?それにしても自社株買いと日銀ETF買いだけしか買い主体がない日本株だな!
アダムスミス2世のコメント(5月5日のトランプ大統領による対中関税引き上げ表明以降はヘッジファンドなどの投機筋が中心となって日本株に売りが出ている。第2週は今年に入って買い越し傾向の強かったメリル・リンチを通したヘッジファンドが大幅な売りになった点が重要である。ただバークレーズを通じて大量に買った別の海外大口顧客がいたので、海外の売りはそれほど大きな金額にはならなかった。)

10月末週の投資主体別売買動向から、外国人の先物売買動向を合計しているが、まだ2018年5月以降しかデータを入れていないので、昨年や昨昨年との比較が出来ない!


◆日経平均とダウ先物と原油先物チャート

日経平均週足チャート
画像
日経平均先物週足チャートは3週前にパラボリックが陰転したが、現物日経平均は来週には陰転しそうだ!先物RSIが50%の下で推移するようだと下落トレンド入り完成となるだろうか?

日経平均とNYダウの日足チャートを比較!
画像
今週も週足チャートで比較するが、NYダウ先物は三尊天井の完成を目指している!3/8週安値の25213ドルを割り込むと下に走り、週足RSIが50%の下で推移する相場である下落トレンド入りとなるだろうか?日経平均先物はフェボナッチ61.8%の20778円を割り込むと下に走るか?RSIは既に50%を割り込んでいるが!

WTI原油先物チャート
画像
日足ボリンジャーバンドは下落トレンド入りした!しかし-3σを割り込み自律反発となっているが、-1σも-2σも下向きとなり、-1σに近付いたら戻り売りと考える!RSIが50%の下で推移するようになっており下落トレンドが維持されている!パラボリックが陽転するタイミングが戻り売りのタイミングと合致しているのが下落トレンドだと良く解るチャート形状となっており、スローストキャスティクスも上昇トレンドは20%まで下落せずに上昇しているので、下落トレンドだと80%まで上昇せずに下落するのだろうと思われる!5/21のチャートを見て原油ETFをショートしたので完璧なタイミングで入ったかもしれない!ストロングホールド出来れば儲かるだろうか?


◆米耐久財受注の軟調と米製造業PMIの低水準で下落した、か?ドル円相場!
画像
左上、20か月移動平均は110.722となり円高時代となっている!標準偏差が横這いから上昇しそうな気配を感じるがADXも下落している!

右下、週足ボリンジャーバンド-1σは109.396となり、ローソク足は割り込んで引けている!標準偏差は横這いADXも下落しておりトレンドは発生していないが月足日足の状況を考慮するとビッグトレンドが下方向に発生する可能性が出てきたと思われる!ショートポジションほストロングホールドすべきな予感がする!

右上、日足ボリンジャーバンド-1σは109.596となりローソク足は割り込んで引けている!標準偏差は横這いとなりADXも下落しているが、下落トレンドが発生しそうな雰囲気を感じる!

左下、1時間足ボリンジャーバンド-1σは109.379となり下落トレンドが発生している!21時まではショートポジションを保持していたのだが22時の陽線でストップロスヒット!残念な結果だった!ストップロスを高めにしてストロングホールドしておけば良かった!月曜日は米国市場が休場なので動かないかもしれないが下方向でポジションをストロングホールドしておきたい!


◆来週の相場展望

日経平均は、衆参同日選と消費増税の可否決定まで21000円を下値メドに持ち合いとなる!?
画像
現状は、日経平均の現物21117円に対し、大証先物21130円CME先物21130円となっており、月曜寄付きは20円くらい高く寄り付くとは思えない?何故なら、ドル円は金曜15時109.617から109.291となり、下落している!

テクニカル的には、20月にパラボリックが陽転し戻り売りのタイミングだった!それは少なくとも短期的には下落トレンドが発生していることを意味している!しかも木金と日銀ETF買いが強かったのと金曜に米国株先物が上昇し陽線となっているが、株価は下落しているがRSIは上昇したまま引けている!先物の終値は現物より高いが、ドル円の下落を考えれば月曜は下落するだろうか?しかも月曜米国市場は休場だし!

日経平均先物5分足チャート
画像
そんなこんなで月曜寄付きは、動かない!
月曜米国市場は休場であり訪日しているトランプ大統領のツイートがなければ相場は動かないだろうと考えられる!そんな状況だがドル円は下落しているので、月曜9時寄付きまでにドル円が金曜15時付近まで上昇しなければ安く寄り付くと考えられる!しかし米国株先物も動かず材料がないので、赤枠で括った21000円くらいを下値メドとして範囲で小動きと予想する!

今週は、0勝2敗3確定なしで、-233千となり、含み損-792千と181千減少した!
担がれ銘柄をロスカットして内需株をショートして担がれているので、また担がれ銘柄をロスカットしてショートしようと考えたが横這いなので様子見している!優待銘柄が上昇トレンドが発生かとみて買ったらストップロスヒット!ついでに米中通商協議で金上昇かと考え金ETFを買ったが月足を見たら無駄だったのでロスカット!無駄遣いだった!
来週もトレンドを見極める事を意識し無駄に逆張りせず順張り転換するトレードをする!

1. トレンドを見る指標として、ボリンジャーバンドの傾きを見ていたが、MACDを導入することで、0より上か下かで方向を、0からの乖離幅でトレンドの強さを判定し、RSIとストキャスティクスで入る!
2. 朝一のロットを小さくして、ストップロス幅を大きくとる、方向感が掴めたら、ロットを上げて入る!そんなデイトレードを継続したい!
3. 特に寄付きで方向感がつかめない時にも入っておかなければデイトレードでは収益が上げられないのも判った!
4. マケスピ2に、標準偏差が搭載されたので、ボリンジャーバンド-+1σの外、標準偏差が上昇、ADXも上昇なら尚可、でポジションを取るようにしているので何もしない日時が増えて、無駄な負けトレードが減った気がする!(ストップロスを付けないとトレンドが出ていない銘柄を延々と持ち続けることが判った!)

--------------------------------------------------------------------------------------------
◆メルトアップとは、
過剰流動性によって全部の資産価格が上がってしまう現象で、株価が上昇するとは考えられない理由が十分あるにもかかわらず、大幅な株高が進む状況を指す。現在のメルトアップは中央銀行主導のバブル現象なので息が長いが、投資家はメルトアップの後にはメルトダウンが待っていることを頭に入れておくべきだろう。

◆メルトダウンとは、
「驚きが発生した時に、株式や特に債券の再評価は急激で劇的になりうる。同じ混雑した取引に捕まった全ての人は、われ先にと、出口へ向かう必要がでる。これまでと反対方向への群れる行動が発生する」とヌリエル・ルービニが指摘する局面だ。マクロ流動性と市場の非流動性との組み合わせによる行動ファイナンス理論である。
--------乗り遅れたくない投資家がこぞって市場に押し寄せるメルトアップの様相---by西山 孝四郎--------
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日銀、21火23木24金と707憶のETF買い!落ちてくるナイフを掴む!?

2019/05/25 11:18
 最近の買い入れ一覧は以下の通り。

     ETF 新型ETF REIT
5月13日   ―    12    ―
  14日  707    12    ―
  15日   ―    12    ―
  16日  707    12    ―
  17日   ―    12    ―
  20日   ―    12    ―
  21日  707    12    12
  22日   ―    12    12
  23日  707    12    ―
  24日  707    12    ―
(注)単位は億円。―は買い入れなし。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日経平均は、月曜にパラボリックが陽転して戻り売りのタイミングだ!?

2019/05/23 10:30
ということは、下落トレンドが発生しているということか!?

月曜に売れなかったが昨日の前場の戻り高値をレバショート成功か?


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日経平均と先物の日足パラボリックが陽転した!戻り売りだ!?

2019/05/20 09:39
1QのGDPが予想を超えたので消費増税先送りが無くなったから株は売りだな!

しかし、レバETFのパラボリックが陽転しないので売り損なっているのだが・・・・


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


◆来週の相場展望(日経平均は、上海株下落に連れて21000円を割るがトランプツイートで下げ止まる?)

2019/05/18 13:43
◆投資主体別売買動向
画像
先週は、日経平均が914円下落した相場だった!今週は94円下落し、先週はセルインメイで外国人が先物を超大幅売り越してきたものを個人が現物買いで買い下がって、今週は先週の個人の現物買いの投げ売りを外国人が先物を1/3くらい買い戻して個人が現物を押し目買いとばかりに買い下がった感じか?

先週の投資主体別売買動向、現物合計は4253億の大幅買い越し、外国人の先物は8319憶の大幅売り越しで、4065憶の大幅売り越しとなった!現物は外国人191億の売り越し、法人754億の買い越し、個人3690億の大幅買い越し(現物買い1820億、信用買い1869億)!法人のうち659億を信託銀行が売り越した!(事業法人「自社株買い」は704憶の買い越し、投信は39憶の買い越しとなった!(信託銀行137憶・投信1027憶とも先物は買い越しとなっている!)

外国人はトランプ大統領のツイートを合図に4月に買った現物を売るのでなく先物を売ってきた!それは4月に現物を買ったのは外国人長期投資家で5月に売ってきたのは投機筋ということなのだろうか?現物を大幅買い越した個人は、米国株が歴史的高値を更新して下落はないだろうと考えての押し目買い行動なのだろうか?しかし自分は米国株が下落トレンド入りしている感じがしているのだが?(今週の下げ渋りは外国人が先物を買い戻したのに違いない)
アダムスミス2世のコメント(トランプ大統領による対中関税引き上げ宣言のため、NY株のみならず世界中の株価が下落した。ヘッジファンドなどの投機筋が中心となって日本株にも売りを出してきた。なお、私募投信、銀行、信託といった国内機関投資家は、まだ高いと考えているためか小幅の売りであった。)


10月末週の投資主体別売買動向から、外国人の先物売買動向を合計しているが、まだ2018年5月以降しかデータを入れていないので、昨年や昨昨年との比較が出来ない!


◆日経平均とダウ先物と原油先物チャート
日経平均週足チャート
画像
先週、日経平均の戻りの上値メドは21700円とみていたが21500円も越せずに先物は来週も陰線でスタートしているので、白四角で囲った辺りに相場は動くのだろうかと考える!それは次のパラボリックが陰転したチャートで説明する!
画像
上昇トレンド中にパラボリックが陰転した時は押し目買いのタイミング、下落トレンド中にパラボリックが陽転した時は戻り売りのタイミングだと気づいた!それは日足のほうが顕著に表れる感じだ!週足サイコロジカルラインは50辺りだと意味不明な感じだが、パラボリックの転換と今回は一致している!

日経平均とNYダウの日足チャートを比較!
画像
NYダウ先物週足チャートは、三尊天井の完成を示唆している!週足パラボリックが陰転した時は、陰転した時の安値を終値が割り込まないと転換していない感じなので、まだ相場は反転しないと考えられる!上手く戻り売りのタイミングを掴めるかが勝負だな!下落トレンドラインの引き方が大事かもしれない?

WTI原油先物チャート
画像
WTI原油先物月足は、下髭の長い陰線となってきており、下落しそうもなくBOX相場に入ったのかもしれない?
日足は、ボリンジャーバンド-1σの61.52を超えて下落トレンドが消滅したが、MA21の63.03を超えられず止まったか?RSIが50%の下で推移する相場は下落相場なので、来週に割り込んで来たらショートしてみるか?


◆欧州議会選挙懸念でユーロ下落に連れ高したの、か?ドル円相場!
画像
左上、20か月移動平均は、110.760となり円安時代となっている!先行スパン1は110.366となりローソク足は雲の中に入り込んでいる!先行スパン2は106.194だが来月は20か月移動平均くらいに上昇し、ローソク足は雲の下に抜けやすくなのるか?標準偏差もADXも下落しておりトレンドの発生はない!

右下、週足一目均衡表の転換線は下落し始めており、先行スパン2が109.577となり先週安値は109.014で割り込んでいる!標準偏差もADXも下落しておりトレンドの発生はない!

右上、日足ボリンジャーバンド-1σは、109.905となり下落トレンドは終了サインが出ている!1月安値からのトレンドラインを5/13安値109.014に変更したら今後の下値メドかもしれない?109.577を割り込んで引けると下に走りそうだな?

左下、1時間足ボリンジャーバンド+1σは、109.981となり上昇トレンドが発生している!21時までの下落トレンドには乗っていたがトレイリングストップだった!ボリンジャーバンド+1σと-1σの間を上下する大きなトレンドを取るには西山孝四郎さんの逆張り指標を導入するしかない感じだ!ここを感でやると売ってヤラレ買ってヤラレになる確率が高すぎる!


◆来週の相場展望

日経平均は、上海株PKO負けの下落に連れて21000円を割り込むがトランプ来日ツイートで下げ止まるか!?
画像
現状は、日経平均の現物21250円に対し、大証先物21220円CME先物21205円となっており、月曜寄付きは50円くらい安く寄り付くか?ドル円は金曜15時109.633から110.039となり、上昇している!

テクニカル的には、リバウンド局面となっているが3日戻して終わった感じか?上昇トレンドではパラボリックが陰転した翌日が押し目買いの好機となっているが、今回の下落では戻らない!そうであるならば下落トレンドでは陽転した翌日が戻り売りの好機となるかもしれないと考えると、月曜に陽転しそうなので火曜に上昇したら引け売り若しくは高いところでショートポジションをストップロス付きで取るか?サイコロジカルラインが売られ過ぎなのが気になる!現物は21000円で2月から継続して押し目買いポイントとなっているが今回も機能するのかどうか?

日経平均先物5分足チャート
画像
そんなこんなで月曜寄付きは、様子見し戻り売りを待つ!?
ドル円の上昇を無視すれば、日経平均先物5分足チャートを見ると5/17金曜と同水準の寄付きが想定される!しかし、CME先物は一段下にいる!その原因は「米中通商協議が行き詰っているとCNBCが報じて下げに転じた。」らしく、日経平均先物は下落中に引けてしまったのか?ならばCME先物が正しいのだろうか?ドル円の上昇はドル高でなくユーロ安の影響が大きいと考えられるので日本時間では寄付き横這いで上海の下落が止まるかどうか見る感じか?

今週は、1勝1敗3確定なしで、-209千となり、含み損-973千と232千減少した!
先週はレバETFショートで少し稼いだが今週は火曜にトレイルストップでプラスだったが金曜にロスカットされトントンだった!マイナスは担がれ銘柄をロスカットして上昇している内需株のショートに振り向けてみた!
来週もトレンドを見極める事を意識し無駄に逆張りせず順張り転換するトレードをする!

1. トレンドを見る指標として、ボリンジャーバンドの傾きを見ていたが、MACDを導入することで、0より上か下かで方向を、0からの乖離幅でトレンドの強さを判定し、RSIとストキャスティクスで入る!
2. 朝一のロットを小さくして、ストップロス幅を大きくとる、方向感が掴めたら、ロットを上げて入る!そんなデイトレードを継続したい!
3. 特に寄付きで方向感がつかめない時にも入っておかなければデイトレードでは収益が上げられないのも判った!
4. マケスピ2に、標準偏差が搭載されたので、ボリンジャーバンド-+1σの外、標準偏差が上昇、ADXも上昇なら尚可、でポジションを取るようにしているので何もしない日時が増えて、無駄な負けトレードが減った気がする!(ストップロスを付けないとトレンドが出ていない銘柄を延々と持ち続けることが判った!)

--------------------------------------------------------------------------------------------
◆メルトアップとは、
過剰流動性によって全部の資産価格が上がってしまう現象で、株価が上昇するとは考えられない理由が十分あるにもかかわらず、大幅な株高が進む状況を指す。現在のメルトアップは中央銀行主導のバブル現象なので息が長いが、投資家はメルトアップの後にはメルトダウンが待っていることを頭に入れておくべきだろう。

◆メルトダウンとは、
「驚きが発生した時に、株式や特に債券の再評価は急激で劇的になりうる。同じ混雑した取引に捕まった全ての人は、われ先にと、出口へ向かう必要がでる。これまでと反対方向への群れる行動が発生する」とヌリエル・ルービニが指摘する局面だ。マクロ流動性と市場の非流動性との組み合わせによる行動ファイナンス理論である。
--------乗り遅れたくない投資家がこぞって市場に押し寄せるメルトアップの様相---by西山 孝四郎--------
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日銀、今週は14火16木と買う!下落トレンドだと落ちてくるナイフだな!?

2019/05/18 10:40
 最近の買い入れ一覧は以下の通り。

     ETF 新型ETF REIT
4月26日  705    12    ―
5月7日   ―    12    ―
  8日  707    12    ―
  9日  707    12    ―
  10日   ―    12    ―
  13日   ―    12    ―
  14日  707    12    ―
  15日   ―    12    ―
  16日  707    12    ―
  17日   ―    12    ―
(注)単位は億円。―は買い入れなし。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


sell in May,and go away,don’t come back until St L

2019/05/13 17:35
「sell in May,and go away,don’t come back until St Leger day」(5月に売って、Leger day(9月第2土曜日)まで戻ってくるな)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


◆来週の相場展望(日経平均は、米中通商協議継続で悪材出尽くしリバウンド!が21700円で戻り売り?)

2019/05/11 11:56
◆投資主体別売買動向
画像
先週は、日経平均が58円上昇した相場だった!今週は914円下落し、アノマリー通りに4月は4週連続で現物を買い越した外国人が、5月はセルインメイゴーアウエイと売ってきたのか?

先週の投資主体別売買動向、現物合計は2014億の大幅買い越し、外国人の先物は1922憶の大幅売り越しで、92憶の買い越しとなった!現物は外国人3079億の大幅買い越し、法人645億の売り越し、個人419億の売り越し(現物売り1107億、信用買い688億)!法人のうち436億を信託銀行が売り越した!(事業法人「自社株買い」は345憶の買い越し、投信は561憶の売り越しとなった!(信託銀行605憶・投信805憶とも先物は売り越しとなっている!)

フェボナッチ61.8%22347円で先週も先々週も個人と投信は(10連休前の)利益確定売りを出したな!外国人は毎年のアノマリーどおりに4月に現物を4週連続で大幅買い越しで来たが、個人と投信は令和10連休前にキッチリと利食いしてきた!そして外国人は、「セルインメイゴーアウエイ」とばかりに5月初からトランプ大統領に背中を押されて利食い売りして来た!
日本のGW相場は4月に上昇していれば5月は下落し、4月に下落していれば5月は上昇することが多いらしい!と言う見解に掛けてレバETFをショートしていたのが当たったな!しかもドル円日足に下落トレンドが発生しているので指数はドル円の下落トレンドが消滅しない限り戻り売りをすれば良いのだ!ストップロスを付けて!

アダムスミス2世のコメント(売り方は信託と投信を中心とする国内勢。ファンダメンタルズがあまり良くない中で株価が上昇すると、自社株買いや先物買い戻し以外の大半の国内勢は売りに回らざるをえない。)

10月末週の投資主体別売買動向から、外国人の先物売買動向を合計しているが、まだ2018年5月以降しかデータを入れていないので、昨年や昨昨年との比較が出来ない!

◆日経平均とダウ先物と原油先物チャート
日経平均週足チャート
画像
日経平均先物週足は一目均衡表の雲やフェボナッチ61.5%の22326円に抑えられて4月の上昇を4日で下落した!米国時間に転換線21505で止まっているので上値があっても100週線21688円くらいだろうか?取り敢えず戻り売りポイントとして?

日経平均とNYダウの日足チャートを比較!
画像
日経平均先物もNYダウ先物も週足パラボリックが陰転した!NYダウ先物の三尊天井の完成はあるかもしれない!RSIがダイバージェンスして下落しているし?

WTI原油先物チャート
画像
WTI原油先物月足は、陰線を形成して来た!24月線を割り込むと下落が走るかもしれない!来月も陰線となれば描いたようなストキャスティクスとなるのか?
日足ボリンジャーバンド-1σは、62.04ドルとなり下落トレンドが継続している!RSIが50%の下で推移する相場は弱気相場確定なので-1σ付近で戻り売りだ!しかし株が戻すと連れ高となる感じか?


◆米中通商協議で妥協点を見出すと言う楽観的な見方で上昇した、か?ドル円相場!
画像
左上、20か月移動平均は、110.756となり円高時代に突入したのか?先行スパン1も110.366なのでローソク足は一目均衡表の雲の中に入ってきた!長く続いた三角持ち合いは下抜けなのだろうか?まだ標準偏差もADXも下落しておりトレンドの発生はない!

右下、週足ボリンジャーバンド-1σは、109.526となり週足の下落トレンドが発生する可能性が出てきた!しかしながら日足のトレンドが終わりそうで標準偏差もADXも下落しておりトレンドの発生はない!

右上、日足ボリンジャーバンド-1σは、110.649となり5/3金に発生した下落トレンドが継続している!5/7火からショートポジションを取れたが昨日109.8でトレールストップヒット!ADXの上昇が弱いが標準偏差のトレンドは継続しているので来週は戻り売りを取るように頑張るぞ!

左下、1時間足ボリンジャーバンド+1σは、109.905となり米国時間で上昇トレンドが発生した!ADXは横這いだが標準偏差が上昇しておりトレンドは継続するのかもしれない?5/9高値110.110辺りで一度戻り売りだな!


◆来週の相場展望

日経平均は、米中通商協議の継続で悪材料出尽くしリバウンド!だが21700円で戻り売りか!?
画像
現状は、日経平均の現物21344円に対し、大証先物21490円CME先物21495円となっており、月曜寄付きは150円くらい高く寄り付くか?ドル円は金曜15時109.738から109.972となり、上昇している!

テクニカル的には、来週はリバウンド局面と考え、米国株に連動するドル円の下落トレンドが消滅しない限り戻り売りの戦術を取る!取り敢えず戻りのメドは、先物一目均衡表の基準線転換線が収斂している21700円辺り、そして現物フェボナッチ76.4%の21557円か5/8高値21639円をメドにするが、21639を超えると25日線や5/7窓埋めとなるので用心が必要か?取り敢えずストップロスを付けて戻り売りだ!

日経平均先物5分足チャート
画像
そんなこんなで月曜寄付きは、様子見て戻り売りのタイミングを計る!
10金の後場に米国の中国関税25%発動で下落した分が、米国時間に米中通商協議で妥協点を見出すと言う楽観的な見方で上昇し帳消しとなってしまった!すると前場の安いところでショートしたポジションは寄付きでストップロスかもしれない?

今週は、1勝0敗3確定なしで、+25千となり、含み損-1205千と157千減少した!
レバETFのトレイリングストップ値が毎日下落して行くのを見るだけの火水木だったが金曜は寄付きでストップロスヒットして手仕舞いとなったが、売り直したら後場に下落して、してやったりだったが、その後のドル円が強かったので薄々感じてはいたが朝には戻ってしまっていたのでした!
来週もトレンドを見極める事を意識し無駄に逆張りせず順張り転換するトレードをする!

1. トレンドを見る指標として、ボリンジャーバンドの傾きを見ていたが、MACDを導入することで、0より上か下かで方向を、0からの乖離幅でトレンドの強さを判定し、RSIとストキャスティクスで入る!
2. 朝一のロットを小さくして、ストップロス幅を大きくとる、方向感が掴めたら、ロットを上げて入る!そんなデイトレードを継続したい!
3. 特に寄付きで方向感がつかめない時にも入っておかなければデイトレードでは収益が上げられないのも判った!
4. マケスピ2に、標準偏差が搭載されたので、ボリンジャーバンド-+1σの外、標準偏差が上昇、ADXも上昇なら尚可、でポジションを取るようにしているので何もしない日時が増えて、無駄な負けトレードが減った気がする!(ストップロスを付けないとトレンドが出ていない銘柄を延々と持ち続けることが判った!)

--------------------------------------------------------------------------------------------
◆メルトアップとは、
過剰流動性によって全部の資産価格が上がってしまう現象で、株価が上昇するとは考えられない理由が十分あるにもかかわらず、大幅な株高が進む状況を指す。現在のメルトアップは中央銀行主導のバブル現象なので息が長いが、投資家はメルトアップの後にはメルトダウンが待っていることを頭に入れておくべきだろう。

◆メルトダウンとは、
「驚きが発生した時に、株式や特に債券の再評価は急激で劇的になりうる。同じ混雑した取引に捕まった全ての人は、われ先にと、出口へ向かう必要がでる。これまでと反対方向への群れる行動が発生する」とヌリエル・ルービニが指摘する局面だ。マクロ流動性と市場の非流動性との組み合わせによる行動ファイナンス理論である。
--------乗り遅れたくない投資家がこぞって市場に押し寄せるメルトアップの様相---by西山 孝四郎--------
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


日銀、8水9木と買い下がり!落ちてくるナイフを掴んだか!?

2019/05/11 07:59
 最近の買い入れ一覧は以下の通り。

     ETF 新型ETF REIT
4月19日   ―    12    ―
  22日   ―    12    ―
  23日   ―    12    ―
  24日   ―    12    ―
  25日   ―    12    ―
  26日  705    12    ―
5月7日   ―    12    ―
  8日  707    12    ―
  9日  707    12    ―
  10日   ―    12    ―
(注)単位は億円。―は買い入れなし。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日経平均は、21431で寄付き、SQ値21451となるが、21514へ上昇し反落している!

2019/05/10 09:22
ドル円の上昇も止まったか!?

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


中国が米国との貿易協議中止を検討、トランプ氏強硬発言受け!

2019/05/06 16:25
中国株が大幅安、人民元急落−トランプ氏のツイートで
(ブルームバーグ 2019年5月6日)

トランプ大統領のツイートで米中貿易合意への期待に動揺走る
オフショア人民元は一時1.3%安、3年余りで最大の下落率


  連休明け6日の中国市場では株式相場と人民元が急落。トランプ米大統領のツイートで米中貿易合意への期待に動揺が走った。

  CSI300指数は前営業日比3.9%安とここ2カ月で最大の下げ。オフショア人民元は一時1.3%安の1ドル=6.8218元と2016年1月以来の大幅下落となった。

  トランプ米大統領は中国との貿易交渉の進展が遅いことを理由に関税引き上げを警告。中国側は今週に予定していた劉鶴副首相のワシントン訪問の中止を検討していると事情に詳しい関係者が明らかにした。



中国が米国との貿易協議中止を検討、トランプ氏強硬発言受け−関係者
(ブルームバーグ 2019年5月6日)

トランプ氏が中国製品に対する関税引き上げを警告したことへの反応
突然の強硬姿勢は中国の姿勢に対する米側の不満増大を反映と関係者

  中国は今週に予定していた劉鶴副首相のワシントン訪問の中止を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。トランプ米大統領が米中貿易協議の進展の遅さを理由に中国製品に対する関税引き上げを警告したことへの反応だという。

  トランプ大統領は5日、中国からの輸入品2000億ドル(約22兆円)相当に対する関税率を現行の10%から25%へと引き上げると警告した。現在対象となっていない3250億ドル相当の中国製品に25%の関税を課す可能性も示唆した。

  中国側の交渉責任者である劉鶴副首相は米国との協議のため、約100人の代表団を率いて8日にワシントンに到着する予定となっていた。先週北京を訪れたライトハイザー米通商代表部(USTR)代表とムニューシン米財務長官は、生産的な協議を持ったとしていた。交渉について知る関係者は先週、米国側が10日の合意発表を目指していると述べていた。

  米国と中国は昨年から続けている協議を延長できるよう、関税引き上げ合戦など貿易戦争の休戦で合意していた。トランプ大統領の5日の発言は、交渉進展についての双方からの楽観的な発言に逆行するものだった。

  この突然の転換は、技術移転の問題など先の幾つかのコミットメントを後退させるような中国の姿勢に対する米国側の不満増大を反映していると、事情に詳しい関係者2人が述べた。これがトランプ政権内で関税引き上げなど強硬措置を主張するタカ派を勢いづかせているという。

  中国が協議中止を検討していることについては、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が先に報じていた。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ドル円の下落要因は、米中貿易協議の中止を中国が検討しているらしい!?

2019/05/06 12:32
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


上海総合5.21%下落!ドル円下落要因は、やはり株売りか?アジア株全部下落!

2019/05/06 11:57
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ドル円110.27へ!日経平均CME先物21915へ!NYダウ先物25932へ-567ドル!

2019/05/06 11:46
FOMC声明で利下げが無くなりドル下落?

これは為替要因でなく、セルインメイで株の利食い売りに、リスク回避の円買いか?


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


◆来週の相場展望(日経平均は、22300の壁を超え23000を目指す?がセルインメイで利食い売り?)

2019/05/04 10:29
◆雇用統計で一瞬上げたがISM製造で下落した、か?ドル円相場!

5/4土のドル円相場!
画像
左上、20か月移動平均は、110.813となり円安時代となっている!先行スパン1は110.366となりローソク足は雲の上にいる!標準偏差もADXも下落若しくは横這いとなっておりトレンドの発生はない!

右下、週足一目均衡表の転換線は横這いとなってきており、ローソク足が割り込みそうになっている!200週線が下向きとなり相場は下落方向か?標準偏差もADXも下落しておりトレンドの発生はない!

右上、日足ボリンジャーバンド-1σは、111.348となり下落トレンドが発生するかもしれない?標準偏差は底値圏で反発しそうでADXは少し底値圏から上昇を始めているか?

左下、1時間足ボリンジャーバンド-1σは、111.222となり、雇用統計発表から下落トレンドが発生した!しかし111.5のショートポジションは上髭でストップロスヒットし、この下落を取れなかったのは残念だ(泣)

4/27土のドル円相場!
画像
左上、20か月移動平均は、110.890となり円安時代となっている!先行スパン1は110.366となりローソク足は雲の上で終わりそうか?標準偏差もADXも下落しておりトレンドの発生はない!

右下、週足一目均衡表の転換線は横這いとなってきており、ローソク足は先行スパン1の111.897や200週線111.918に上値を抑えられて下落か?標準偏差もADXも下落しておりトレンドの発生はない!

右上、日足ボリンジャーバンド+1σ-1σは収斂してきており、一日の値幅で上にも下にもトレンドが発生してもおかしくない微妙な状態になって来ている!1/4安値からの下値支持線を割り込んで来たのでストップロスを付けてショートポジションを取った!しかし標準偏差もADXも下落しておりトレンドの発生はない!

左下、1時間足ボリンジャーバンド+1σと-1σも収斂しており方向感がない!21時の高値112.011ではストップロスヒットしやられたが、あれよあれよと下落してきたので目をつぶって売り直した!そもそも日足を見て10連休で下落する方向に掛けたのだがストップロスハンティングにヤラレタ感じだ!取り敢えず日足に下落トレンドが発生するなら乗らねばならない!


◆投資主体別売買動向
画像
先週は、日経平均が330円上昇した相場だった!今週は58円上昇したが、フェボナッチ61.8%22347円では先週も今週も個人と投信の(10連休前の)利益確定売りが出たのか?

先週の投資主体別売買動向、現物合計は1494億の大幅買い越し、外国人の先物は2425憶の大幅買い越しで、3919憶の大幅買い越しとなった!現物は外国人5534億の大幅買い越し、法人922億の売り越し、個人3117億の大幅売り越し(現物売り2607億、信用売り509億)!法人のうち239億を信託銀行が買い越した!(事業法人「自社株買い」は138憶の買い越し、投信は806憶の売り越しとなった!(信託銀行は先物を264憶売り現物を買ったな!投信が2717憶の先物を売っている!5月に現物を売るつもりか?)

外国人は毎年のアノマリーどおりに4月に現物を3週連続で大幅買い越しで来たが、個人と投信は令和10連休前にキッチリと利食いしてきたか?「10月末買い4月末売り」「セルインメイゴーアウエイ」完璧な投資だと考えられる!日本のGW相場は4月に上昇していれば5月は下落し、4月に下落していれば5月は上昇することが多いらしい!需給的に外国人の売買で上下している日本株ならばセルインメイで外国人が利益確定してくると考えるほうが正しいと考えるが?但し米国株が高値更新したので下落トレンドは発生せず、下落したところはストップロスを付けて押し目買いと考えるアダムスミス2世のコメント(大半の国内投資家は日本のファンダメンタルズに自信が持てず、戻りを売り続けている。)

10月末週の投資主体別売買動向から、外国人の先物売買動向を合計しているが、まだ2018年5月以降しかデータを入れていないので、昨年や昨昨年との比較が出来ない!


◆日経平均とダウ先物と原油先物チャート

日経平均週足チャート
画像
日経平均も先物も先行スパン2で利益確定売りが出て、外国人の上値買いが2週間連続で上値を抑えられている!RSIもストキャスティクスもRCI短期も全て高値圏からの調整を示唆しておりサイコロジカルラインも買われ過ぎの位置に到達している!セルインメイの環境は整ったのかもしれない?

日経平均とNYダウの日足チャートを比較!
4/27土

画像
今週も週足で比較!現物のS&P500とナスダックは終値ベースで最高値更新となったがザラ場ベースでは高値を更新していない!まだセルインメイで三尊天井の完成が見込まれるのか?
5/4土
画像
今週は、水木と下落してNYダウ先物はセルインメイ突入かと思われたが金曜は戻した!しかし三尊天井の完成はまだあるぞ!?

WTI原油先物チャート
4/27土

画像
WTI原油先物月足は、トランプ発言で白線で描いたような長い上髭となった!65.39ドルくらいでトランプ牽制がくるかもしれないと思ったが来たな!取り敢えずショートポジションをCFDで取るか?
日足ボリンジャーバンド21日MAは、63.43となり2月以降で4回目の下落チャレンジだが、今回は下落するのか反発するのか?取り敢えずストップロスを付けて入るか?
5/4土
画像
日足はボリンジャーバンド-1σを割り込んで下落トレンドが発生するかもしれない?火曜にショートすると、そこから反発されるのかも?


◆来週の相場展望

日経平均は、22300円の壁を超えて23000円を目指す?だがセルインメイで利食い売りとなる!?
画像
現状4/27土は、日経平均の現物22258円に対し、大証先物22350円CME先物22340円となっており、5/7寄付きは100円くらい高く寄り付くか?ドル円は金曜15時111.674から111.607となり、下落している!

現状5/4土は、日経平均の現物22258円に対し、大証先物22350円CME先物22475円となっており、5/7寄付きは210円くらい高く寄り付くか?ドル円は4/26金曜15時111.674から111.106となり、大きく下落している!先物は上昇しているがドル円を見れば日経平均は下落して寄り付くと考えられる!

テクニカル的に、日経平均はフェボナッチ61.8%の22347円に2週間上値を抑えられているが上昇トレンドを継続している!週足一目均衡表では先行スパン2で上値を抑えられており、ここを上抜けると23000円を目指して上昇するのか?セルインメイで外国人が売ってきても上昇トレンドラインと前回高値の交差する21870円あたりで反発か?

日経平均先物5分足チャート
4/27土

画像
そんなこんなで5/7寄付きは読めないが上は重たいのか?
先週から22300円に到達すると売られることが5回くらい続いている!そして来週は5日間休場の上に再来週の月曜日も休場となり、その間の欧米市場次第か?しかし、日本のGW相場は4月に上昇していれば5月は下落し、4月に下落していれば5月は上昇することが多いらしい
5/4土
画像
日経平均CME先物は、4/29月と30火は22350より上で推移したが、水木とセルインメイが始まったかと思わせる下落だったが、5/3金に22490まで上昇し22475で引けている!5/7火は寄り天だろうか?

今週は、1勝0敗4確定なしで、+5千となり、含み損-1362千と193千増加した!
下落トレンドに上手く乗れていた銘柄が反発してストップロスを付けてしまい微益となった!担がれ銘柄は3か月上昇を続けて止まる気配なし!セルインメイで下落してくれたら半分くらいでロスカットしたいと思いますが?なんだかドル円相場でも削られ続けているので疲れた一週間だった!トレンドが発生しないので逆張りしてストップロスヒットの毎日だったかも?
来週もトレンドを見極める事を意識し無駄に逆張りせず順張り転換するトレードをする!

1. トレンドを見る指標として、ボリンジャーバンドの傾きを見ていたが、MACDを導入することで、0より上か下かで方向を、0からの乖離幅でトレンドの強さを判定し、RSIとストキャスティクスで入る!
2. 朝一のロットを小さくして、ストップロス幅を大きくとる、方向感が掴めたら、ロットを上げて入る!そんなデイトレードを継続したい!
3. 特に寄付きで方向感がつかめない時にも入っておかなければデイトレードでは収益が上げられないのも判った!
4. マケスピ2に、標準偏差が搭載されたので、ボリンジャーバンド-+1σの外、標準偏差が上昇、ADXも上昇なら尚可、でポジションを取るようにしているので何もしない日時が増えて、無駄な負けトレードが減った気がする!(ストップロスを付けないとトレンドが出ていない銘柄を延々と持ち続けることが判った!)

--------------------------------------------------------------------------------------------
◆メルトアップとは、
過剰流動性によって全部の資産価格が上がってしまう現象で、株価が上昇するとは考えられない理由が十分あるにもかかわらず、大幅な株高が進む状況を指す。現在のメルトアップは中央銀行主導のバブル現象なので息が長いが、投資家はメルトアップの後にはメルトダウンが待っていることを頭に入れておくべきだろう。

◆メルトダウンとは、
「驚きが発生した時に、株式や特に債券の再評価は急激で劇的になりうる。同じ混雑した取引に捕まった全ての人は、われ先にと、出口へ向かう必要がでる。これまでと反対方向への群れる行動が発生する」とヌリエル・ルービニが指摘する局面だ。マクロ流動性と市場の非流動性との組み合わせによる行動ファイナンス理論である。
--------乗り遅れたくない投資家がこぞって市場に押し寄せるメルトアップの様相---by西山 孝四郎--------
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


◆来週の相場展望(日経平均は、22300の壁を超え23000を目指す?がセルインメイで利食い売り?)

2019/04/27 13:38
◆投資主体別売買動向
画像
先週は、日経平均が330円上昇した相場だった!今週は58円上昇したが、フェボナッチ61.8%22347円では先週も今週も個人と投信の(10連休前の)利益確定売りが出たのか?

先週の投資主体別売買動向、現物合計は1494億の大幅買い越し、外国人の先物は2425憶の大幅買い越しで、3919憶の大幅買い越しとなった!現物は外国人5534億の大幅買い越し、法人922億の売り越し、個人3117億の大幅売り越し(現物売り2607億、信用売り509億)!法人のうち239億を信託銀行が買い越した!(事業法人「自社株買い」は138憶の買い越し、投信は806憶の売り越しとなった!(信託銀行は先物を264憶売り現物を買ったな!投信が2717憶の先物を売っている!5月に現物を売るつもりか?)

外国人は毎年のアノマリーどおりに4月に現物を3週連続で大幅買い越しで来たが、個人と投信は令和10連休前にキッチリと利食いしてきたか?「10月末買い4月末売り」「セルインメイゴーアウエイ」完璧な投資だと考えられる!日本のGW相場は4月に上昇していれば5月は下落し、4月に下落していれば5月は上昇することが多いらしい!需給的に外国人の売買で上下している日本株ならばセルインメイで外国人が利益確定してくると考えるほうが正しいと考えるが?但し米国株が高値更新したので下落トレンドは発生せず、下落したところはストップロスを付けて押し目買いと考えるアダムスミス2世のコメント(大半の国内投資家は日本のファンダメンタルズに自信が持てず、戻りを売り続けている。)

10月末週の投資主体別売買動向から、外国人の先物売買動向を合計しているが、まだ2018年5月以降しかデータを入れていないので、昨年や昨昨年との比較が出来ない!


◆日経平均とダウ先物と原油先物チャート

日経平均週足チャート
画像
日経平均も先物も先行スパン2で利益確定売りが出て、外国人の上値買いが2週間連続で上値を抑えられている!RSIもストキャスティクスもRCI短期も全て高値圏からの調整を示唆しておりサイコロジカルラインも買われ過ぎの位置に到達している!セルインメイの環境は整ったのかもしれない?

日経平均とNYダウの日足チャートを比較!
画像
今週も週足で比較!現物のS&P500とナスダックは終値ベースで最高値更新となったがザラ場ベースでは高値を更新していない!まだセルインメイで三尊天井の完成が見込まれるのか?

WTI原油先物チャート
画像
WTI原油先物月足は、トランプ発言で白線で描いたような長い上髭となった!65.39ドルくらいでトランプ牽制がくるかもしれないと思ったが来たな!取り敢えずショートポジションをCFDで取るか?
日足ボリンジャーバンド21日MAは、63.43となり2月以降で4回目の下落チャレンジだが、今回は下落するのか反発するのか?取り敢えずストップロスを付けて入るか?


◆した、か?ドル円相場!
4/27土のドル円相場!
画像
左上、20か月移動平均は、110.890となり円安時代となっている!先行スパン1は110.366となりローソク足は雲の上で終わりそうか?標準偏差もADXも下落しておりトレンドの発生はない!

右下、週足一目均衡表の転換線は横這いとなってきており、ローソク足は先行スパン1の111.897や200週線111.918に上値を抑えられて下落か?標準偏差もADXも下落しておりトレンドの発生はない!

右上、日足ボリンジャーバンド+1σ-1σは収斂してきており、一日の値幅で上にも下にもトレンドが発生してもおかしくない微妙な状態になって来ている!1/4安値からの下値支持線を割り込んで来たのでストップロスを付けてショートポジションを取った!しかし標準偏差もADXも下落しておりトレンドの発生はない!

左下、1時間足ボリンジャーバンド+1σと-1σも収斂しており方向感がない!21時の高値112.011ではストップロスヒットしやられたが、あれよあれよと下落してきたので目をつぶって売り直した!そもそも日足を見て10連休で下落する方向に掛けたのだがストップロスハンティングにヤラレタ感じだ!


◆来週の相場展望

日経平均は、22300円の壁を超えて23000円を目指す?だがセルインメイで利食い売りとなる!?
画像
現状4/27土は、日経平均の現物22258円に対し、大証先物22350円CME先物22340円となっており、5/7寄付きは100円くらい高く寄り付くか?ドル円は金曜15時111.674から111.607となり、下落している!

テクニカル的に、日経平均はフェボナッチ61.8%の22347円に2週間上値を抑えられているが上昇トレンドを継続している!週足一目均衡表では先行スパン2で上値を抑えられており、ここを上抜けると23000円を目指して上昇するのか?セルインメイで外国人が売ってきても上昇トレンドラインと前回高値の交差する21870円あたりで反発か?

日経平均先物5分足チャート
画像
そんなこんなで5/7寄付きは読めないが上は重たいのか?
先週から22300円に到達すると売られることが5回くらい続いている!そして来週は5日間休場の上に再来週の月曜日も休場となり、その間の欧米市場次第か?しかし、日本のGW相場は4月に上昇していれば5月は下落し、4月に下落していれば5月は上昇することが多いらしい

今週は、1勝0敗4確定なしで、+5千となり、含み損-1362千と193千増加した!
下落トレンドに上手く乗れていた銘柄が反発してストップロスを付けてしまい微益となった!担がれ銘柄は3か月上昇を続けて止まる気配なし!セルインメイで下落してくれたら半分くらいでロスカットしたいと思いますが?なんだかドル円相場でも削られ続けているので疲れた一週間だった!トレンドが発生しないので逆張りしてストップロスヒットの毎日だったかも?
来週もトレンドを見極める事を意識し無駄に逆張りせず順張り転換するトレードをする!

1. トレンドを見る指標として、ボリンジャーバンドの傾きを見ていたが、MACDを導入することで、0より上か下かで方向を、0からの乖離幅でトレンドの強さを判定し、RSIとストキャスティクスで入る!
2. 朝一のロットを小さくして、ストップロス幅を大きくとる、方向感が掴めたら、ロットを上げて入る!そんなデイトレードを継続したい!
3. 特に寄付きで方向感がつかめない時にも入っておかなければデイトレードでは収益が上げられないのも判った!
4. マケスピ2に、標準偏差が搭載されたので、ボリンジャーバンド-+1σの外、標準偏差が上昇、ADXも上昇なら尚可、でポジションを取るようにしているので何もしない日時が増えて、無駄な負けトレードが減った気がする!(ストップロスを付けないとトレンドが出ていない銘柄を延々と持ち続けることが判った!)

--------------------------------------------------------------------------------------------
◆メルトアップとは、
過剰流動性によって全部の資産価格が上がってしまう現象で、株価が上昇するとは考えられない理由が十分あるにもかかわらず、大幅な株高が進む状況を指す。現在のメルトアップは中央銀行主導のバブル現象なので息が長いが、投資家はメルトアップの後にはメルトダウンが待っていることを頭に入れておくべきだろう。

◆メルトダウンとは、
「驚きが発生した時に、株式や特に債券の再評価は急激で劇的になりうる。同じ混雑した取引に捕まった全ての人は、われ先にと、出口へ向かう必要がでる。これまでと反対方向への群れる行動が発生する」とヌリエル・ルービニが指摘する局面だ。マクロ流動性と市場の非流動性との組み合わせによる行動ファイナンス理論である。
--------乗り遅れたくない投資家がこぞって市場に押し寄せるメルトアップの様相---by西山 孝四郎--------
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日銀、4/11木21711から上値を買うPKO相場となった!?

2019/04/26 18:04
 最近の買い入れ一覧は以下の通り。

     ETF 新型ETF REIT
4月15日   ―    12    ―
  16日   ―    12    ―
  17日   ―    12    12
  18日   ―    12    ―
  19日   ―    12    ―
  22日   ―    12    ―
  23日   ―    12    ―
  24日   ―    12    ―
  25日   ―    12    ―
  26日  705    12    ―
(注)単位は億円。―は買い入れなし。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


◆来週の相場展望(日経平均は、22300を超え12/7週高値22698を目指すか?抜けず下落か!?)

2019/04/20 13:07
◆投資主体別売買動向
画像
先週は、日経平均が63円上昇した相場だった!今週は330円上昇し、22000円を割らずに高値圏で推移したのは単に閑散に売りなしだったのだろうか!?

先週の投資主体別売買動向、現物合計は586億の買い越し、外国人の先物は427憶の売り越しで、159憶の買い越しとなった!現物は外国人1214億の大幅買い越し、法人582億の売り越し、個人45億の売り越し(現物売り689億、信用買い643億)!法人のうち343億を信託銀行が買い越した!(事業法人「自社株買い」は116憶の買い越し、投信は608憶の売り越しとなった!信託銀行は先物を1312憶売り越している!

先週の上昇は外国人の現物買いと信託銀行と個人信用の買いだった!外国人は先物を427憶小幅に売り越した!ついに外国人の先物買い戻しは終わったと考える!アダムスミス2世のコメントでは、売り方は信託と投信を中心とする国内勢。今ひとつ良くないファンダメンタルズを嫌気し、かなり弱気になって戻りを売っている。となっている!
そして今週の330円の上昇はファストリの買い戻しがほとんどであり外国人は先物売りで売り玉を構築しているはずだ!だから閑散に売りなしで高値圏で底堅く下落させないように売り玉を構築したのだと思う!日経平均はファストリとソフトバンクGと半導体で押し上げられたが、内需系の高いところを売って利益確定し先物売りで玉を構築しているに違いない!(一部を除き内需系が売られているのは確実だ!)

10月末週の投資主体別売買動向から、外国人の先物売買動向を合計しているが、まだ2018年5月以降しかデータを入れていないので、昨年や昨昨年との比較が出来ない!


◆日経平均とダウ先物と原油先物チャート
日経平均週足チャート
画像
10連休を前にして買い玉を持越せるのは相場を動かしている外国人だけであるとすれば、先物一目均衡表の先行スパン2の22310円で利益確定しておこうと考えるのが正しいだろうか?もし一目均衡表の雲を抜けて上に行くとすれば上値メドは日経平均12/7週高値22698となるか?RSIもストキャスティクスもRCI短期も全て高値圏からの調整を示唆しているように見える!

日経平均とNYダウの日足チャートを比較!
画像
今週も週足チャートで比較するが、NYダウ先物は、このまま上昇すれば5月中旬に史上最高値となる感じか?同じように日経平均先物が上昇すれば12/7週高値辺りか?取り敢えず連休明けの翌週辺りがセルインメイの頂点となる感じか?

WTI原油先物チャート
画像
WTI原油先物月足は、順調に上昇しているが、日足ボリンジャーバンド+1σは、64.04となりローソク足は割り込み始めて上昇トレンドは終了するのか?
MACDがシグナルをデッドクロスすると21MAまで下落していることが解るので、取り敢えず売り参戦しても良いかもしれない?


◆グッドフライデーで東京後場から動かなかった、か?ドル円相場!
画像
左上、20か月移動平均は、110.906となり円安時代となっている!先行スパン1は110.366となりローソク足は雲の上に出ているが52ヶ月線が頭を抑えている感じか?標準偏差もADXも下落しておりトレンドの発生はないが、標準偏差もADXも横這いとなって来ており、そろそろトレンドが発生しそうな雰囲気か?

右下、週足一目均衡表の転換線は上昇傾向を示唆しているが、標準偏差もADXも横這いから下落となりトレンドの発生はない!先行スパン1は111.897となりローソク足は雲の上に出ているが200週線に上値を抑えられているのか?

右上、日足ボリンジャーバンド+1σは、111.957となりローソク足は割り込んでいる!標準偏差は横這いとなりADXも下落してトレンドは終了か?4/17に112.164で3/5高値112.136を抜けたがグッドフライデーを前に上値は取れなかったのか?

左下、金曜前場9時10時11時で動きがなくなり、1時間足ボリンジャーバンドは収斂して最後は花火が上がって終わった感じか?標準偏差は横這いADXも上昇が終わりトレンドの発生はない!


◆来週の相場展望

日経平均は、22300円を超えて12/7週高値22698円を目指すか?抜けず下落か!?
画像
現状は、日経平均の現物22200円に対し、大証先物22190円CME先物22265円となっており、月曜寄付きは横這いで寄り付くか?ドル円は金曜15時111.916から111.919となり、横這いとなっている!

テクニカル的に、4/18木の大陰線の意味を考えていて見えたものは、フェボナッチ61.8%22347円か22300円で利益確定売りが出ているということか?RSIもストキャスティクスもRCI長期も短期も高値圏からの調整を示唆しており、10連休前に利益確定して200日線くらいまで下落すると予想する?

日経平均先物5分足チャート
画像
そんなこんなで22300円から上に行ったら取り敢えずショートポジションを構築するのか!
日経平均日足で見ると良く解らなかったが5分足で見ると、日経平均先物は米国時間で22300を超えて下落し日本時間で超えて下落し、また米国時間で超えたが下落したので4/18木の日本時間で信託銀行と個人が利益確定売りを出したが、また米国時間で買い戻されたが、また日本時間で売り崩されたところで終わっているのだが?

今週は、0勝4敗1確定なしで、-93千となり、含み損-1169千と91千増加した!
6ヶ月担がれ銘柄をロスカットしストップロスを付けて売り直した!月足チャートが大陽線を大陰線で包む足なので天井を付けることを祈る!ドル円は値幅の狭いレンジ相場となり順張りでヤラレた!しかし基本は順張りを貫くぞ!
来週もトレンドを見極める事を意識し無駄に逆張りせず順張り転換するトレードをする!

1. トレンドを見る指標として、ボリンジャーバンドの傾きを見ていたが、MACDを導入することで、0より上か下かで方向を、0からの乖離幅でトレンドの強さを判定し、RSIとストキャスティクスで入る!
2. 朝一のロットを小さくして、ストップロス幅を大きくとる、方向感が掴めたら、ロットを上げて入る!そんなデイトレードを継続したい!
3. 特に寄付きで方向感がつかめない時にも入っておかなければデイトレードでは収益が上げられないのも判った!
4. マケスピ2に、標準偏差が搭載されたので、ボリンジャーバンド-+1σの外、標準偏差が上昇、ADXも上昇なら尚可、でポジションを取るようにしているので何もしない日時が増えて、無駄な負けトレードが減った気がする!(ストップロスを付けないとトレンドが出ていない銘柄を延々と持ち続けることが判った!)

--------------------------------------------------------------------------------------------
◆メルトアップとは、
過剰流動性によって全部の資産価格が上がってしまう現象で、株価が上昇するとは考えられない理由が十分あるにもかかわらず、大幅な株高が進む状況を指す。現在のメルトアップは中央銀行主導のバブル現象なので息が長いが、投資家はメルトアップの後にはメルトダウンが待っていることを頭に入れておくべきだろう。

◆メルトダウンとは、
「驚きが発生した時に、株式や特に債券の再評価は急激で劇的になりうる。同じ混雑した取引に捕まった全ての人は、われ先にと、出口へ向かう必要がでる。これまでと反対方向への群れる行動が発生する」とヌリエル・ルービニが指摘する局面だ。マクロ流動性と市場の非流動性との組み合わせによる行動ファイナンス理論である。
--------乗り遅れたくない投資家がこぞって市場に押し寄せるメルトアップの様相---by西山 孝四郎--------
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日銀、今週は動かず!

2019/04/20 08:18
 最近の買い入れ一覧は以下の通り。

     ETF 新型ETF REIT
4月8日   ―    12    ―
  9日  705    12    12
  10日  705    12    ―
  11日  705    12    12
  12日   ―    12    ―
  15日   ―    12    ―
  16日   ―    12    ―
  17日   ―    12    12
  18日   ―    12    ―
  19日   ―    12    ―
(注)単位は億円。―は買い入れなし。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


◆来週の相場展望(日経平均は、200日線を超えて寄り付くが、また寄り天で200日線割れとなるのか?)

2019/04/13 13:13
◆投資主体別売買動向
画像
先週は、日経平均が602円上昇した相場だった!今週は63円上昇し、後場の日銀ETF買いが薄商いの中で効果的にジリ上げ相場を作ったのか?

先週の投資主体別売買動向、現物合計は1294億の買い越し、外国人の先物は1800憶の買い越しで、3094憶の大幅買い越しとなった!現物は外国人6227億の大幅買い越し、法人643億の買い越し、個人5576億の大幅売り越し(現物売り4032億、信用売り1543億)!法人のうち617億を信託銀行が買い越した!(事業法人「自社株買い」は64憶の買い越し、投信は588憶の買い越しとなった!

先週の上昇は外国人の現物買いだったが、信託銀行は現物買いに動かなかった!個人が戻り売りして来たとこを外国人が上値を買ってきたのだうか?外国人の先物売り越しは1800憶となり通常の額なので買戻し相場は終わった感じがする!
今週は水曜寄付きから水木金と上値を買ったのが外国人なのだうか?アダムスミス2世は(NY株の値上がりと日本株の出遅れが海外を強気に変えた。)と言っている!月曜高く寄付いたとこを売ってきたのは個人で火水と売り乗せたが木金と担がれた感じか?


10月末週の投資主体別売買動向から、外国人の先物売買動向を合計しているが、まだ2018年5月以降しかデータを入れていないので、昨年や昨昨年との比較が出来ない!


◆日経平均とダウ先物と原油先物チャート
日経平均週足チャート
画像
外国人が日本株の出遅れに強気転換したらしく、節目の21871は月曜寄付きに突破するのだうか?次のふしめは22698まで無いぞ!あるとすれば一目均衡表の先行スパン2の22397か!先物RSIとストキャスティクスが高値圏となり、もうひと上げすると調整する感じか?

日経平均とNYダウの日足チャートを比較!
画像
今週も週足チャートで比較するが、NYダウ先物は上昇したように感じるが、ここ3週間は横這いだ!日経平均先物は直近高値を抜けてきたがフェボナッチ76.4%の22193辺りで一服しそうだが?

WTI原油先物チャート
画像
WTI原油先物月足は、前値戻しな感じで上昇しているのが良く解るのでパラボリックを選んだ!ただそれだけ!しかし、ここまで戻るならトランプ発言で下落した3か月の意味が解らない!米国は冬場は車で遠くに出かけることが減るので原油が高くても庶民の生活には影響が少ないのだうか?去年は5月から9月まで高かったが10月から大きく下落したわけだから生産者は儲かったのだな!暫く静観して夏になったら売りで入るかな?


◆良好な中国の貿易指標と米金融好決算でリスク選好の円売りで上昇した、か?ドル円相場!
画像
左上、20か月移動平均は、110.910となり円安時代となっている!先行スパン1は110.366となり月足チャートは雲の上に出ている!標準偏差もADXも下落しておりトレンドの発生はない!少し横這いとなって来ているが!?

右下、週足一目均衡表の転換線は上昇しておりチャートも雲の上に出ており上昇傾向だが標準偏差もADXも下落しておりトレンドの発生はない!日足直近の高値112.136を抜けても三角持ち合いの上限が上値メドか?

右上、日足ボリンジャーバンド+1σは、111.653となり、標準偏差が上昇し始めており、上昇トレンドが発生するかもしれない?週足の三角持ち合い上限112.75辺りが上値メドか?

左下、1時間足ボリンジャーバンド+1σは、112.014となり、トレンドはないが上昇している!4/12米国時間から上昇トレンドが発生したが日本時間前に終了したと思ったが、9時から上昇し始めてジリ上げ相場となって、3回踏み上げられて負けた!やはり逆張りはダメだな!売りの順張りで担がれて上を売ったら踏まれてしまう往復ビンタとなった!?


◆来週の相場展望

日経平均は、200日線を超えて寄り付くが、また寄り天で200日線割れとなるのか!?
画像
現状は、日経平均の現物21870円に対し、大証先物22070円CME先物22080円となっており、月曜寄付きは200円くらい高く寄り付くか?ドル円は金曜15時111.784から112.013となり、かなり上昇している!

テクニカル的には、日経平均先物は200日線を超えて22070となっているが、ボリンジャーバンド+2σは22037となり超えている!22070で寄り付けば今週月曜と同様に寄り天となる感じか?火曜は月曜夜の米国株しだいか?先物RSIは描いたように80%を超えているがストキャスティクスは上値余地がある!

日経平均先物5分足チャート
画像
そんなこんなで月曜寄付きは、2週連続の寄り天か!?
左は今週月曜寄付きから水曜24時くらいのチャートだ!米国株が続伸する材料不足なので外国人が上値を買って来ないと今週と同じような展開となると予想したのが右のCME先物チャートに描いたライン!だいたい寄付きから200円くらいは下落する見込みなので、取り敢えず寄付きはショートで入るか!?

今週は、1勝2敗2確定なしで、+34千となり、含み損-1078千と91千増加した!
大きく担がれた銘柄が下落せず含み損を増加させているがストップロスを付けてあるので静観!その他の銘柄で下落トレンドに乗れて少し稼ぐ!連休前に下落はあるのか?FXは動かないドル円の逆張りで負けた!もう絶対に逆張りはしないぞ!
来週もトレンドを見極める事を意識し無駄に逆張りせず順張り転換するトレードをする!

1. トレンドを見る指標として、ボリンジャーバンドの傾きを見ていたが、MACDを導入することで、0より上か下かで方向を、0からの乖離幅でトレンドの強さを判定し、RSIとストキャスティクスで入る!
2. 朝一のロットを小さくして、ストップロス幅を大きくとる、方向感が掴めたら、ロットを上げて入る!そんなデイトレードを継続したい!
3. 特に寄付きで方向感がつかめない時にも入っておかなければデイトレードでは収益が上げられないのも判った!
4. マケスピ2に、標準偏差が搭載されたので、ボリンジャーバンド-+1σの外、標準偏差が上昇、ADXも上昇なら尚可、でポジションを取るようにしているので何もしない日時が増えて、無駄な負けトレードが減った気がする!(ストップロスを付けないとトレンドが出ていない銘柄を延々と持ち続けることが判った!)

--------------------------------------------------------------------------------------------
◆メルトアップとは、
過剰流動性によって全部の資産価格が上がってしまう現象で、株価が上昇するとは考えられない理由が十分あるにもかかわらず、大幅な株高が進む状況を指す。現在のメルトアップは中央銀行主導のバブル現象なので息が長いが、投資家はメルトアップの後にはメルトダウンが待っていることを頭に入れておくべきだろう。

◆メルトダウンとは、
「驚きが発生した時に、株式や特に債券の再評価は急激で劇的になりうる。同じ混雑した取引に捕まった全ての人は、われ先にと、出口へ向かう必要がでる。これまでと反対方向への群れる行動が発生する」とヌリエル・ルービニが指摘する局面だ。マクロ流動性と市場の非流動性との組み合わせによる行動ファイナンス理論である。
--------乗り遅れたくない投資家がこぞって市場に押し寄せるメルトアップの様相---by西山 孝四郎--------
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日経平均は、+71の21782で寄付きSQ値21870.84となり上に幻となっている!?

2019/04/12 09:23
天井つけたか!?

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

t-koma'sDayTrade2006.7-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる